人からナメられなくなる方法。 人からバカにされる人は、 「バカにされてはいけない」ということが、脳に入っていない。 脳に「いばっちゃいけない、なめられちゃいけない」と一日100回言って、指令するだけでいいそうです。

 人からバカにされて辛い思いをしているなら、この成功脳のユーチューブのお話を聞くといいかも。
そして、「いばっちゃいけない、なめられちゃいけない」を一日100回ぐらい脳に聞かせるといいそうです。
これを何日も続けていると、脳が「ナメられない行動をとるように勝手にしてくれる」ようになる、なめられない顔になってくる、とのこと。
(ナメられている人は、ナメられるような顔をしているのだとか。)



 人からバカにされるのは、なぜ?バカにされているかというと、
「ナメられている」から、
だそうで、
確かに、考えてみると、
ものすご~いコワモテで恐れられているお父さんや、
近所中、震え上がる兄、とかを持っていると、
決してそんな、ナメるようなことはしないのですが、(笑)
この人には何をしても、大丈夫、と思われているのでやられている。

 この、解決の仕方がわかります。

 昔、「バビル二世」というアニメが、テレビで放映されていたのですが、
その主題歌の歌詞が、アニメの内容をすべて解説してくれていると、テレビで言っていたので、書きます。(笑)

♪砂の嵐に囲まれた、バビルの塔に住んでいる、
超能力少年バビル二世
地球の平和を守るため、三つのしもべに命令だ!
怪鳥ロプロス 空を飛べ
ポセイドンは海を行け
ロデム変身、地をかけろ~♪

というアニメソングで、もうそのまま、アニメの説明終わりなのですが、(笑)

つまり、「バビル二世」という少年がいて、
その子には3つの「しもべ」がおり、
「ロプロス!」と言えば、ロプロスという大きな鳥が空から飛んできて敵を攻撃、
「ポセイドン!」と言えば、ポセイドンが海の中をやって来て、敵を投げ飛ばし、
「ロデム!」といえば、男にも女にもソックリに変身できちゃうロデムが、
クロヒョウ姿で、地上をかけてやってくる。

みんな「バビル二世」(少年)の言うとおりに動く!
という、小学生の男の子には、たまらない内容で大人気でした。(笑)

で、何が言いたいか? というと、
実は、私たちはみんな、ものスゴい「しもべ」を持っていて、
それが、「脳」。
ロプロスも、ポセイドンも、ロデムも真っ青。(笑)

「脳」は、実は偉大なるコンピューターで、
「俺が、金持ちじゃないなんて、おかしい!」と脳に言うと、
(指令すると)
脳が勝手に、どうすればお金持ちになれるかを、考え出す!
そして、脳が勝手に、金持ちにしてくれる。

ところが、実は私たちが、一番信じられないのは、「自分」。

「自分はダメなんだ」と脳に言うと、ダメな自分を連れてくる。
「ダメなんだ」というと、ダメなことを連れてくる。
「上手くいきっこない」というと、上手くいかないことを連れてくる。
「俺は中卒だからバカにされる」というと、バカにするやつを連れてくる。

脳は、ものスゴイ力を持っていて、
けん引の法則という、もの凄いことを引き起こす力がある。

あ、これ、私の考えたお話ではなく、
日本一のお金持ち(高納税者)、斎藤一人さんのお話です。

なので、
脳に、「俺は中卒で、人より7年も早く社会に出ているから得なんだ」というと、
脳が勝手に、得なことを連れてくる。
「こんないい女なのに、彼氏がいないなんて、おかしい!」と脳に言わないと、
いいのでてこない。

というような、お話が、斎藤一人さんのお話のユーチューブで聞けます。
「いばっちゃいけない、ナメられちゃいけない」と脳にいうと、
人にナメられない行動を、自分が取れるようになる、
(勝手に脳が、してくれる)

え? 本当? と、
これを聞いても、信じられる人はわずかだそうですが、
一銭もかからず、
人に言う必要も、主張する必要もなく、
難行苦行でもなく、
誰でも出来ること。
ただ、独り言のように「いばっちゃいけない、ナメられちゃいけない」とつぶやく。

これを、するか、しないか。

聞いて、実践してみると、変われるかもしれないと思います。