『死ぬまでボケない1分間 脳活 法』帯津良一 × 鳴海周平著。 脳が活性化する習慣が27、分かりやすく書いています。

『死ぬまでボケない1分間 脳活 法』


著者は、医師の帯津良一氏と、健康エッセイストの鳴海周平氏。
「毎日1分! いつでも、どこでも、手軽にできて、脳がみるみる活性化する」27の健脳習慣、だそうです。

今は、認知症にならない方法を学ぼうとする方も多く、
また、以前は不治の病のように言われていた認知症が予防、治療できると言われていて、
認知症予防、治療に関する本がとても多くなり、本屋さんで平積みされるようになりました。

というわけで、この本も、本屋さんで見つけた一冊。
ボケないための習慣が27、分かりやすく書かれていました。
すべて1分ぐらいの短時間で出来る簡単なモノばかりで、
「夜、布団の中で首をマッサージする」とか、「ゆっくり(目を動かして)8方向をみる」、「片足立ちをする」というようなものから、
脳にいい食材や食べ方、音読や、呼吸法まで、具体的な方法と、
その習慣がどうして効果的なのか?という解説。
(納得してできるかどうか?というのはとても大きいので、良かったです)

また、認知症にならないための心構え、考え方が分かり、
とても参考になる本でした。

人は、放っておくと、サボっていくというか、
ラクな方に流れてしまうことがあって、
周りに興味を持たなくなったり、
新しいことにチャレンジしなくなったりしていくように思うのですが、
これが脳には良くないらしく、

脳の活性化に大切なのは、
「体を動かすこと、食生活に気をつけること、心にいつもときめきを持つこと」だそうです。
本で専門家の医師から、新しく知識を学んで、実践していくことで、
毎日をイキイキ過ごすことができれば、その後の人生が大きく変わるかも。
実践しやすく、とても良いと思いました。

片付けられない人が、片付けられる人になる方法。 ズボラ主婦のお片づけ。「言葉を使う」

 モノを片付ける、とは、「モノを住所に戻す」ということ。

台所用品は、台所に、
筆記用具は、筆記用具入れに、
紙類は、本棚や机の上に立てる。
仲間を集めて、適所に置く。

でも、プロにはプロの片付けがあり、追求すれば奥が深いものですが、
片づけの苦手な方は、レベルを下げて、とりあえず困らないように、片づけを覚えることも大切なこと。

例えば、職場などは、
何がどこに入っているか分からない、などということは、少ないので、
そういう感覚で片付ければいいと思います。

 さて、今まで片付けられなかった人が、片付けられる人になりたいと思ったら…、
これが意外とカンタン。

具体的な方法は、コチラに書いていますが、
(『片づけられない人も、スピードであっという間に片づく。 モノの住所「枠」に入れていくだけ。』)

2つだけの動作、そして、言葉を使うといいと思います。

まず、2つの動作は、

1.「目に入ったモノを無視しない」
(とくに床においてあるものは、全て拾う。というか、もともと床に置かないようにする。
まず散らかさないことが大切なので、今日から「床にモノを置かない」。
コチラの記事 『片づけの呪文、「片付けるのではなく、散らかさない」こと。 キレイなお家は、いつもキレイ。』)

2.「拾い上げて、住所(枠)に入れる」

そして、「すること」を具体的に「言葉」にして、呪文のように唱え(声に出さなくてもいいので、頭の中で繰り返し)ながら、片付けると、
することが明確になって、作業は進んでいきます。
例えば、
「ゴミは捨てる、服は掛ける、紙は立てる」、
「ゴミは捨てる、服は掛ける、紙は立てる」
「ゴミは捨てる、服は掛ける、紙は立てる」
などと、自分がするべき動作(持ったものを、どの場所に、どのように入れるか具体的にする行動の言葉)を、
頭の中で繰り返しながら、目に入ったモノを無視せずに、拾い上げて、
その言葉どおり、
モノの住所(そのモノを使いたいと思った時に自分が一番最初に探す、引き出しなどの「枠」)に戻していくこと。
(ゴミは、ゴミ箱にという「枠」に入れる、
服はハンガーに掛けて、ハンガーラックという「枠」に入れる、
紙は、本は立てて本棚という「枠」に入れる、
プリント類はファイルに入れて机上に立てる、など)

(ここでいう「枠」とは、モノの住所(あるべき場所)にある、仕切られているスペース(引き出しの中、本棚、ハンガーラック等々)のこと)

 まだ、読んでいない方は、コチラの2つの記事をお読みください。

☆ 片づけられない人も、スピードであっという間に片づく。 モノの住所「枠」に入れていくだけ。

☆ 片付けられない人が、「片づけられる」ようになる方法。 「目に入ったモノを、無視しない」

 片付け出来ない、片付けたいと思っているのに、キレイを保てない原因は、
実は、「現実的に、どう行動すればいいか」が、分かっていない、ということが多くあり、
本人も、分かっているような気がしているけれども、
現実的に動けない、つまり、分かっていないことがあると思います。

「部屋(見える所)を片付けたい」と、思っているのに、
見えないところから片付ける。
ので、遠回りで、時間がかかり、片づけを面倒くさいものにしてしまう
(片付けは、そうするものだと思い込んでいる)
(確かに片づけ上級者さんは、そうすると良いですが、下級者さんは、そこまですると大変で、する実力がなく、結局できずに終わる)

散らかっていると分かっていても、そのモノをどかせない、
(パッと瞬間的に、どこに置けばいいか思いつかない)
または、
どこに?どかせばいいのか、分からない。

そうして、自分でハードルを上げて、片づけを上級者向けのどんどん難しいものだと捉えていたり、
簡単には片づかないものだと、思っていたりするのですが、

「細かいところまで完璧にキチンと綺麗に」とまでは思わず、
「部屋の見える所からモノがしまわれて、モノが目に入らず、
どこに何が仕舞われているか分かっている」というレベルぐらいに下げると、
片づけの作業は、本当に、単純で、
あっという間に出来るもの。
(コチラの記事『スピードであっという間に片づく。 モノの住所とは、何か? 「枠」。』)

まず、部屋に散らかっている、見えているモノからどんどん片付ければ、
片づけは短時間であっという間に終わります。
(引き出しの中がぐちゃぐちゃでも、そこに何が入っているかが分かっていればオッケーとする)

 確かに、モノを捨てれば、片付けなければならないものがなくなり、片づけはラクになりますが、
捨てただけでは、片づきません。

まず、片づけの骨格、
「部屋の見える所からモノがしまわれて、モノが目に入らず、
どこに何が仕舞われているか分かっている」というレベルで片付けると、モノは本当にあっという間に片付き、リバウンドせずに、片付けた状態をキープすることができます。

例えば、机の中がゴチャゴチャしていても、
そこに大切なものが仕舞われている、と、本人が分かっていて、なくさずにいられたら、
それでいいと思います。

キチンと仕切られているのが理想ですが、
初めは、引き出しの中のココのスペース、みたいな上級者レベルでなく、
「この引き出しの中」ぐらいのレベルで片付けることで、スピードアップ。

とにかく「片づけられる」、片づけをキープした状態を目指して、

目に入ったモノを無視せず、拾い上げ、
住所の枠に戻す。
(ゴミはゴミ箱に、
服はハンガー掛けに、
紙類は本棚に立てる、等、
自分がそのモノを使いたいと思った時に、一番最初に探す場所に戻す)

そうすると、部屋はどんどんあっという間に片付いていくと思います。


関連記事。 片づける、具体的な方法
☆ 片づけられない人も、スピードであっという間に片づく。 モノの住所「枠」に入れていくだけ。

☆ 片付けられない人が、「片づけられる」ようになる方法。 「目に入ったモノを、無視しない」

☆ 片づけの呪文、「片付けるのではなく、散らかさない」こと。 キレイなお家は、いつもキレイ。

片づけられない人も、スピードであっという間に片づく。 モノの住所「枠」に入れていくだけ。

 「モノには住所」があり、その住所に戻してあげるのが、お片づけの基本、
と、よく言われます。

でも、「モノの住所」って言っても、なんとなくぼんやりしていて、
実際にどこにすれば良いのか? 分からなかったりする。

これ、分かる人には当然すぎて、
何が分からないの? (分からない、ということが、分からない)という感じだと思うのですが、
時々これが、分からない方、イメージがつかない方がいます。

そういう時は、
「モノの住所」とは、すなわち「枠」だ、
と思うと、分かりやすいかもしれません。

そのモノが、あるべき「枠」に戻す。

 お片づけ上級者は、その「枠」(仕切り)を作ってあげ、ピッタリの場所を設定します。
また、モノの住所自体が整っていない、とそこから始める人も多いのですが、

お片づけ下手さんが、最初から完璧に、そこを目指すと、ハードルが高すぎて前に進めません。

なので、まず、「枠」を整えるところからではなく、
「いきなり片付け始める」のが、
片づけ下手さんが、片付けられる早道。
枠に入ってない、今、見えているモノから、
スピード勝負で片付ける。
これをしないと、結局、いつまでも片付かない、ということが多いです。

現実に今、モノが目の前に散らかっているなら、
最初からモノの住所の「枠」を丁寧に作成するところから始めて、細かく仕切ることをせず、
今ある「枠」を利用して戻します。

ポイントは、「そのモノが欲しくなった時、自分が一番最初に探すところ」、
または、必ず探す場所で、すでにある「枠」に戻すこと。 
そこにある、「引き出しの中」を「枠」としてもいいですし、
本棚や、ハンガー掛けを「枠」としてもいいので、
とにかく、見えているモノを、すべて、今ある「枠の中に入れる」感覚で戻していく。

枠からはみ出す、枠に入りきらない時は、
片づけようとするもの自体が、本当に要るものなのか?
と考えて不要なら「捨てる」、または、
その枠に今ある、不要なモノを「捨てます」。
その際も、不要なモノの住所はゴミ箱。
このゴミ箱が、モノの住所「枠」なのだと思うと分かりやすいと思います。

そのモノを使いたいとき、自分が最初に探す「枠」に入っていれば、
キレイに入れる、とか、きちんと入れることにこだわらず、そこに入れておく。
とにかく、今、枠から出て、目の前に散らかっているモノを、
スピード勝負で、パッパと、すべて枠に戻していきます。

その際、
「服はハンガーに掛ける、本は本棚に立てる、紙は(横にせず、透明ファイルに入れて)本棚ココ(左端)に立てる」などと、
『片づけ方と、片付ける場所』のルールを決めて、それを唱えながら、あるべき「枠」にバンバン入れていくと、
目の前のものは、あっという間に片付いていきます。

一見散らかっている一枚一枚の紙類は、その場所にあるものを、
透明ファイルにまとめて入れると、立てることもでき、
とりあえず片付けることができ、
自分が探す時、ここの紙類は、ファイルに入れて本棚の左端に入れた、などとルールを決めることで、なくさずに、後から探すこともできます。



 最初からキチンと綺麗に、完璧に片づけようとせず、
大枠で目の前のものをパッパと整理していけるようになることで、
部屋もあっという間キレイになりますし、
「片づけって、難しくない」と思えると思います。

ただし、「片付けたものの行方が、分からなくならないように」ということだけは意識して、片付けます。
モノを移動する(片付ける)、ということは、
今まであったと思っている場所から、そのモノがなくなるということで、
大変、なくなりやすい状態になりやすいので、
必ず、「そのモノが欲しいと思った時に、自分が、最初に探す場所」に片付けること。
絶対なくさないように、意識します。
そこに散らかっていたプリントなどの紙類は、
英語、国語、という分類をするのもいいですが、
(もし、今それが混ざってぐちゃぐちゃになっている状態なら)それより、
「その場所に会った紙類のファイル」でまとめたほうが早く片付き、探す時にもなくさない場合もあるので、
(「ココにあった紙類」でも「英語、国語…などの分類別でも」)
自分が分かりやすいようにファイルまとめて入れて立てると良いと思います。
自分の中で、紙類は、全て、この本棚の左側に立てるとか、何段目の端などと、ルールを決めておくことで、
どこに入れたのか分からなくならないようにしておくことが大切だと思います。

 最初から、完璧に、「ココが使いやすいベストな場所だから、
新しくココを、このモノの住所にしよう」などと
モノの住所自体を今までおいていた所から動かして、
最適な場所にするなど、完璧にしだすと、
多くのモノの置き場所が変わって、どこに置いたか分からなくなり、

そのモノを使いたいと思った時、自分が普段探す場所にも、そのモノがない! 無くなっている!
ということになりやすいので、
まず、完璧を目指さずに、今意識の中にある住所に戻す。
そうすれば、パッパと早く片付くうえ、さらに、後から無くなって見つからない、ということないので、
一気に完璧な片づけ(すべてが使いやすい場所に収納されているような片づけ)するより、
逆にメリットが大きい。

私の場合、
「服はハンガーに掛ける、本は本棚に立てる、紙は(横にせず、透明ファイルに入れて)本棚ココ(左端)に立てる」…、略して、
『服は掛ける、紙は立てる』と唱えながら、どんどん見えている(枠から出て散らかっている)モノを片付けていくと、本当にあっという間に片付いていきます。

片づけ下手さん、なかなか片付かない人も、試してみると片付くように思います。

男性から、結婚したいと思われる女性。 美人じゃないのに、なぜかモテる女性。

 男性から、結婚したいと思わせる女性。

美人じゃないのに、なぜかモテる女性。

可愛くないのに、なぜ?

 派手でもなく、パッと人目を惹く容姿でもなく、普通。
特別に明るいわけでもなくて、どちらかというと地味?な感じ。
そんな女性に、素敵な男性がなびくと…、
私のほうが可愛いのに、なんであの子なの?!
と、思ってしまう、
か、どうかは人それぞれですが(笑)、

なぜ? あの子ばかりがモテるのか? 全く分からない。
と、いう人がいます。

 自分も、明るく、楽しく、元気よく、そしてオシャレ。
私のほうが、イケてると思う!! のですが、
男性はみんな、あの子にばかり優しくする。
という状況になると、もう本当に、あの子の何がそんなにいいのか?
疑問しかない、ぐらいの感じに。

でも、この状況、年齢を重ねると、この疑問がけっこう、解けてくるかも。

もはや、男性が、どんなタイプの女性を好きになるか?
という感じではなく、
お母さんとしてみたり、既婚者になって、
自分が無関係になることで、公平?に冷静に見られるようになるからなのかもしれませんが、
自分が、若い女性だった頃には見えなかったものが、年齢を重ねると見えて来たりする感じ。

 まず、結婚したいと思う年頃?の多くの女性が、考えている「モテる女性」の概念が、

間違っている。

 極端な例だと、露出を多くしたら男性からモテると思いこんで、かなり襟の大きく開いた服を着たり、胸を強調するスタイルにしたり、みたいな女性がいたりしますが、
逆効果。
(さすがに少ないですが、なぜか「勝負」を決める日になると、これをしてしまったり…)

それで寄ってくる人は、遊びと割り切っていたり、本気になる気がなかったりします。

「明るく、楽しく、元気よく」も、男性にも女性にも、気を遣って心からそうしている人はとても魅力的なのですが、
ただ、モテたい一心で、アプローチする目的で、男性にだけそこを強調して、無理をして接近すると、上手くいかないことが多いかもしれません。

 こう考えると分かりやすいかもしれませんが、
人はみんな、「自分が幸せになりたくて、相手を選びます」。

なので、男性の選ぶ、理想の女性の第一位は、「優しい女性」。
さらに人気の、(心から優しく、裏表がなく、結婚してからも変わらずいてくれる)「純粋な女性」。
控えめで、自分を立ててくれる女性。

みたいな感じ。

「賢い女性」という表現も、勘違いしやすいように思うのですが、
成績がよくて、何でもできて、バリバリ仕事ができる、というような賢さではなく、
男性を立ててくれるような(どうすれば相手が幸せに過ごせるか分かってくれるような)賢さのある女性、
という意味でつかわれることが多いと思います。

女性自身がピカピカに光っていても、浮気したり、どこかに行ってしまいそうな人は、リスクがあるので、
自分が安定して、ずっと幸せに暮らしていける、一緒にいて落ち着ける、裏切らない、
安心感と、安定、愛のある優しい純粋な女性が結婚相手に選ばれやすいと思います。

なので、結婚したいと思わせる女性になりたいなら、
まず、優しくする。
でも、見えるところ、彼だけに優しくするのは、
もともと優しいのではなく、自分が好かれたいから優しくしているのだと思わせるので、
誰にでも接し方を変えずに優しくする。
結婚も、どうしたら相手が幸せにできるか? 考える。
相手を幸せにするために結婚する、という感じ。

「明るく、楽しく、元気よく」も、相手に合わせて。
自分だけがイケイケでアピールするのではなく、
相手の話を聞いて、その返答で、笑顔で明るいことを言ったり、落ち込まない元気さを持っているといいと思います。

よく、モテる女性は「話を聞いてくれる女性」とか、「何でも許してくれそうな雰囲気」と聞いたりしますが、
「話さなければモテるのに」という感じの、
一方的に自分を出してくるアピールには、引かれてしまうことが多く、
また、恋の駆け引きも、自分を優位にもっていこうとする行為で、そういうことをするのを嫌がる男性も多いです。
 スナックのママさんでも、男性がお金を出してまで会いに通うのは、
「話を聞いてくれる女性」のところ。
自分を肯定し、受け入れ、何でも許してくれそうな安らぎたいと思う感じかもしれません。

 結婚したいと思わせる女性になりたいと思っているときは、
そのことに必死で、とにかく強烈な光を放ちたくなりますが、
自分が光ることを考えるより、静かに、相手の幸せを願い、相手の話を聞いてみるといいかも。

また、ただ結婚したいという一心で一緒にいるのではなく、本当に幸せになれる縁のある相手かどうか、冷静に考えてみることも大切で、相手が本気ではないと思ったら、他の人を考える選択もありだと思います。

本当に魅力的になりたい方は、コチラの記事。
男性、女性にモテる具体的な方法。 魅力的になる具体的な方法。 【文字起こし】斎藤一人さんの『魅力の話』。 人を惹きつける「魅力」が、つきます。

↑ の記事を読んで、具体的に魅力をつけて、
とにかく、相手だけでなく、多くの人の幸せを祈る。 ↓
(コチラ記事 『納税額日本一 斎藤一人さんの教えを実践した、「この人に全ての良きことがなだれのごとくおきます」の効果。 大きかったです。』)

現実に幸せになれる方法を学んで実践していくといいと思います。

片付けられない人が、「片づけられる」ようになる方法。 「目に入ったモノを、無視しない」

  片付けられない人と、いつも部屋がキレイな人との違い。
その方法を一言でいうなら、たった1つ、

「目に入ったものを、無視」するかどうか?

 モノには、住所があります。
その「住所ではない場所で、ウロウロしているモノ」が目に入った時、
それを、無視してしまう人がいて、
散らかったものは無視され続け、片づきません。

一方、「片づけられる人」は、無視せず、

まず、拾い上げる。
そして、定位置(住所)に戻します。

 部屋を片付けたいなら、片付けられない自分とサヨナラしたいなら、この、

「拾い上げて、住所に戻してあげる人」になる必要があります。

と、いうことで、片付けられない人が、「片づけられる」ようになる方法。

片づけが苦手で、いつも部屋が散らかっている人が、片づけられるようになる方法。

それは、たった一つの言葉を頭の中で唱えて、行動すること。

「目に入ったものを、無視しない」。

まず、拾い上げる。

 いつも部屋を散らかしている人でも、
本当は、「服が床に落ちていること」に気づいています。

でも、その目に入った服を、無視してしまう。
(見ていても、放置して、そのままにする)

例えば、ゴミが一つ転がっていても、それを無視してしまう。
(見えていても、放置して、そのままにする)

 片付けられない人の特徴は、
「本当は見えているけど、見なかったことにしてしまう」こと。

 片づけには色々な方法があり、

片づけ本も、ブームになるほど多く出版されていますが、

究極、これ(目に入ったものを無視しないこと)を意識して心がけるかどうか?

このたった一つを意識して心がけると、部屋は片づき、また片付いた状態をキープして、リバウンドしません。

逆に、これをしないうちは、部屋は片づきませんし、
片づけたとしても、ひと時で、すぐに散らかっていきます。

今、目に入ったモノを、まず拾い上げ、定位置(住所)に戻します。

「そのモノを、使いたいと思った時、
自分が今、一番最初に探す場所」、
(本当にどこを住所にすればベストかはおいといて)まず、その場所にしまいます。
もしその住所がなく、置き場所も考えられなれば、必要なければ、捨てます。

そうすれば、少なくても、見えている場所から、モノが消えて頭の中がスッキリしてくるはず。

まずは、それが出来てから、本格的にモノの住所をベストな場所にする作業など、本格的な片づけをするといいと思います。
(はじめからパーフェクトな片づけをしようとすると大変すぎて一人では進まないので、まず一つずつ階段を上がるように、片づけ上手になっていけばいいと思います。)

「ポジティブシンキング」だけでは解決しない「人間関係」。 一瞬救われた気持ちになりますが、一時的。 できるところから根本から解決する。

  悩んで苦しいと思った時に、上手くいく方法を探すと、

まず出てくるのが、「ポジティブシンキング」。

「明るくとらえて、感謝して、前に進む」というような、
自分の内面に光を注入して明るく癒すような、
明るい出来事の方を向いて考えるような、イメージの方法で、
とてもいいと思うのですが、
ポジティブシンキング「だけ」では解決しないように思います。

ポジティブな考え方を聞いた時は、とても救われた気持ちになって、明るくなるのですが、
その時だけ。
また現実に戻って、落ち込むことの繰り返し。

それで、気持ちが明るくいつづけられるときは、オッケーですが、
もし、どうもあまり前に進んでないように感じる。
(同じところをグルグルしている)
またすぐに暗くなってしまう、
と、思ったら、

なぜ、上手くいかないのか?

その原因、理由を、考えたほうがいいかもしれません。

たまたまではなく、何度も上手くいかないなら、
きっと、上手くいかない理由があるように思います。

 人間関係なら、
まず、見た目から。

例えば、人のお家は、
まず外観を見て、
(大きくてリッチだな、とか)
玄関に入って、
(ステキだな、とか)
居間に通されて…、と、
(片づいている、キチンとされた方なんだな、とか)
目に入るたびに、順番に、人の中に印象がついていく感じですが、

人も同じで、
1. まず、髪型や服装などの見た目で、
印象が決まり、
2. 話したときの、声や話し方、笑顔で
心がその人に引き寄せられていく感じで親しみをもち、
3. 親切な行動で、
好感を持ったり、好きになったり、その人に恩返ししようと思ったりする。

というような感じ。

あなどれないのは、
3の「親切な行動」ができて、
本当なら、人に感謝されて、「あなたのためなら」と思ってもらえることが多いような人でも、

そもそも1.見た目が良くないと、
3までたどりつけない。
(コワすぎたり、汚すぎたりすると、
知らない人に、自分から近づいていこうという人が、少なくなると思います。)

2の話し方や表情もしかりで、
話しかけた時、ぶっきら棒だったり、
ブスッとした顔だったりしたら、
そこで人は、そそくさと離れるので、
3までたどり着けません。

 また、よく、見かけはキレイじゃないけどモテてる、という人がいると、
自分も、見かけをサボっていいのではないかと思ったりするのですが、(笑)
その方には、それを補うだけのトーク術だったり、惹きつける力があって、
モテているので、
もし、現時点で人との関係に悩んでいるなら、
まず、総合点を上げる、自分の出来ることを少しでもするのがいいように思いました。

 と、いうことでまず1の見た目。
ここが入口なので、なるべく、ここを飛ばさないこと。

とにかく見た目を、「清潔にする」。

そしてセンスに自信がないなら控えめに、小さなところでもオシャレする。
(ちょっとした小さなアクセサリーをつけたり、メーカーもののキレイな色の服を着るなど。)
初めから大きくハデなオシャレをしなくても、
小さなところからコツコツとしていくのがいいと思います。

歯もよく磨いて、自信をもって笑えるように、
口臭があれば歯間ブラシや糸ようじなどをかけてなくし、
見た目に気をつかうといいかもしれません。

次に、2の話し方。
基本的に自分の話したいことを話す、のではなく、
相手の話したそうなことに話を振ったり(相手が自慢できそうなこと、興味を持っていて話したそうなこと)、
相手の自慢話には水を差さず、
それは良かったね、とか、
スゴイね、などと肯定し一緒に喜ぶ。
それでOK。

そして、3の親切な行動。
人に「ありがとう」と言ってもらう生き方をしようと思うこと。

 仕事でも人間関係でも大切とされるのが、「気遣い」で、
気遣いとは、人の行動や気持ちに配慮して、相手がやり易いように、心地よく過ごせるようにすることですが、
それには、まず、してもらったことは返す、
もらいっぱなしはダメ、を頭に置いておくといいかもしれません。
(コチラの記事。『「気遣い出来る人」になる方法。』)

 ポジティブシンキングはもちろんとても大切ですが、本当にうまくいく方法を、本や成功している人から学び、階段を上るように一つ一つ成長していくことも大切だと思いました。


関連記事

中高一貫校、深海魚さんに訪れる、大きな2つの危機。

 中高一貫校は、合格すれば安心、というところではなく、
合格した、というところが、ゴールではなく、スタート。

戦いの火ぶたが切って落とされた、ぐらいの感覚のほうがいいかも。 

 「成績不振で学校をやめる」、
義務教育の中学校では少ないこの現象が、
現実にあるのが中高一貫校。

「ウチの子、成績わるいのよ~~」と、お母さんが朗らかに笑える学校と、
そうではない学校があるということだと思います。

とくに、偏差値の高い私立の中高一貫校の中には要注意なところもあるかもしれません。
(コチラの記事。『中高一貫校「15歳で肩たたき」、成績で高校に進学できないことがあるかどうか? 塾の先生などの聞いて入学前に調べておくこと。』

偏差値の高い中高一貫校に合格できた、ということは、
全国平均で考えたら、かなり学力が高く、勉強に関して自信を失う必要はないのですが、
現実は違います。

「その場所(学校)の中にいる」ということは、
その高いレベルの中の世界にいることになるので、
そのクラスで成績が下位になり、最下位ぐらいにまで落ち込みだすと、本人が自信を失って、
その学校以外の全国平均の中でも成績が下がっていく、ということがあり、
別の高校に外部受験をしようと思っても、そこまで偏差値の高くない普通の高校?の合格さえ危ぶまれるような状況になったり、
中高一貫校の先生から、成績についてご注意を受け、もっと勉強をするように、と言われたり、
本人が辛い思いをすることあるように思います。

一方、中高一貫校の「学校側」の本音は、
中高一貫校の看板、

東大 何名合格!
京大 何名合格!
医学部 何名合格!

というような、合格者の数字を上げること。
難関大学の合格者の数字を見て、これから受験する中間一貫校を選ぶ親御さんは、とても多いです。
優秀な生徒を多く集めるためには、この数字を上げることが必要で、
そのために、学校のクラスでは、なるベくハイレベルな授業を進めたく、
そのレベルについて来れない生徒は、困りもの扱いされることもあるのかもしれません。

 さて、そのような環境下で、成績下位。
いわゆる中高一貫校の深海魚と呼ばれる状況になると、
学校生活では「勉強」や「成績」という二文字に振り回されることになります。

中学校で成績が悪いと、そのまま中高一貫校の高校に内部進学できるか? それとも、外部の高校に受験を勧められるか?
という、リストラ寸前のサラリーマンさながらの悩みを抱えるようになったり、
(『15歳で肩たたき』といわれたりします。これが大きな危機の一つ目。)
(外部リンク 週刊現代『名門中高「授業についていけない子供たち」に退場勧告 開成・麻布・筑駒・栄光・早実・灘 ほか 知らないで入れるとひどい目に』

高校に入ったら、『留年』の影がちらつく。
(内部進学が決まって高校に進学できても、一難去ってまた一難。これが大きな危険の二つ目。)

 全国平均で見ると、かなり上だった子供の学力レベルも、
子供の「自信喪失」で、自己肯定感が下がり出すと、
学校の中での最下位だったのが、あっという間に、全国レベルで見ても平均以下に下がり出したりします。

そんな状況の中、子供自身が傷つかないはずはなく、
精神的にも辛く、
外部の高校を受けるという現実的にも辛い、
子供にとって、人生の岐路に立たされるような過酷な状況に追い込まれることがあるのが、
難関の中高一貫校かもしれません。

頭のいい子供達は、友達に「勉強している」と言わず、
友達の前では、明るくカジュアルに、楽しく振る舞って、真面目には振る舞わず、
でも、家に帰ればしっかり勉強していたり、
早いうちから将来の目標(医師になる等)をしっかり持って、大学受験を意識して生活していたりする子も多いので、
「外では遊ぶ、でも、家に帰ればしっかり勉強する」という生活スタイルが確立していることを、
全く分からないで、外で遊ぶところばかり見ていると、
友達が「家に帰って、そんなに勉強していることには気づかなかった」という状況だったり、
そもそも、あまり勉強しなくても、自頭や要領がよく、成績優秀な子供達も多いので、
人にはいろいろなタイプがいて、
人がしていないから、自分も同じで大丈夫と最初に思ってしまうと、
後からつらい思いをすることも多いようです。

 今、クラーク高校がよく話題になったり、有名になっていたりしますが、
基本的に成績によらず、多くの生徒を受け入れ、
通学してもしなくても大丈夫というスタイルの学校があること、
成績下位でも、そこから成績を上げます、と言ってくれる学校があることで、
そこを卒業して、難関大学に入る子供達も多いそうです。

 終わり良ければ総て良し、と長い目でみられず、
中学校一年生の成績、二年生の成績、三年生の成績…と、常に努力が求められ、
大人の思惑の理想的な姿を求められて、
その枠から外れると、そこを指摘され、精神的にも落ち込まされてしまう環境になると、子供にとっても過酷。

そういう環境を作ってしまうことにたいして、もう少し大人が疑問に思うことも必要なのかなと思います。


関連記事

☆ 『「学力」の経済力』 中室牧子著。 科学的な検証データーで調べた子供の教育法 テレビ「林先生が驚く 初耳学!」で紹介された、「日本国民全員が持つべき」一冊。

☆ セレブか?貧乏か? 代々続きやすい?階層の負のスパイラル。 その大逆転を目指す親子のノンフィクションベストセラー本『下剋上受験』 桜井信一著。

☆ 大逆転のノウハウ。 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』坪田信貴 著。 ビリギャルを合格させた、塾ノウハウも書いている本。

☆ 家で「映像授業」は必要。 「スタディサプリ」は格安で、2500校以上が導入する信頼感、「トライイット」は無料。

☆ 中高一貫校、深海魚が浮き上がる方法。 成績の上げ方。 中学受験を、小学5年生くらいから目指すときは、入学後に心構え。

☆ 「スタディサプリ」と、「スタディサプリENGLISH」の違い。 両方、使ったので違いを書いてます。

☆ 中高一貫校を目指すなら、「15歳で肩たたき」は、チェックしておく。 中高一貫校の選び方。

☆ 『下剋上受験』の著者、桜井信一さんの、受験に合格しなかった理由の言葉が、的を射すぎる。 人生すべてのことに通じるかも。

☆ 授業料だけでは分からない、中高一貫校の学費。 学校説明会で確認。

納税額日本一 斎藤一人さんの教えを実践した、「この人に全ての良きことがなだれのごとくおきます」の効果。 大きかったです。

 銀座まるかん創設者で、納税額日本一、斎藤一人さんのお話を聞き、実践してみた、結果。


その効果は、大きかった! です。

 まず、会う人、会う人から、笑顔を向けられる、優しくしてもらえる、率高し。

実践前と比べると多くの人が、私と一緒にいたがってくれるようになり驚きました。
(斎藤一人さんは、納税額日本一の有名な方で沢山の著書をだしています。講演のお話なども、検索すると、ユーチューブで多くの方が配信しています。
私もお話を聞いて実践してみました。実践内容は以下のとおり。)

 で、実践したのはとりあえず3つ。

①成功脳のお話を100回聞く。(『成功脳』のユーチューブ
(まだ100回聞けていない段階で、変化を感じました。)
②「この人に全ての良きことがなだれのごとくおきます」と、すれ違う人々に心の中で思う。
③斎藤一人さんの教えにあった「人の話を聞くときは、「そう、そうなんだ、それで、へぇ~」など合いの手をしっかり入れて聞くこと」。
(お手本は柴村恵美子さんのユーチューブ映像。柴村恵美子さんの話を聞く姿が分かりやすいと思いました。『柴村恵美子さんのユーチューブ。 ひとりさんに質問コーナー第1弾【完全版】』

 でも、考えてみれば、不思議じゃないかも。

 人とすれ違うたびに、「この人に全ての良きことがおきます」などと思いながら、
ムスッとした表情をしていることは難しく、
自然に「モナリザの微笑み」のような表情になり、
(今、自分で、振り返って考えてみると、私って「モナリザの微笑み」みたいになっていたな~、と思います。(笑))

相手の幸せを願う気持ちを持って人に接していると、
その親切っぽい?優しい雰囲気が伝わり、
(自分で言うのもなんですが、「優しい人」みたいな雰囲気がにじみ出る。(笑))
相手も自然に気を許して、冗談や面白いことを言ってくれたりします。

それに「うん、うん」「へぇ~」「そうですか~」などと反応し、合いの手を入れたり、
うなづきながら聞けば、
当然相手も話しやすく、気持ちよく話してくれて、親しくなれる。

そういう波動をまとうようになると、
初対面でも、人が話しかけやすく、
(無意識にも、この人はヒドいことを言うかもしれないから警戒しよう、とか、オドオドしているからナメてやれ、という気持ちにさせないで、)
親しみやすくなる感じかもしれません。
とても良かったので、実践続けようと思います。

 斎藤一人さんの本のとおり、身なりに気をつかい、小ぎれいにして、




「魅力」をだしていこう、
(笑顔でいたり、なるべく明るく、楽しく、面白くしよう、親切にしようと思いながら人と接しよう)
と、思っている人は、意外に少ないので、
思っているだけでも魅力的なりやすいのかも。
少なくても、初めから「魅力なんて無理」と諦めてしまっているよりは、
少しでも面白く、少しでも楽しく、少しでも明るくなり、それが人を惹きつける魅力をだすということのようです。



 考えてみると、当然のことをして、当然の結果を呼ぼうとしている、
一人さんのいう、「この世はシンプルにできている」は、
実践すると案外簡単に体感できる?のかもしれません。

 斉藤一人さんのお話のスゴさは、
実際にご本人がずっと、納税額日本一を続けていらっしゃることと、
教えてくれる内容を、誰でも「カンタンに実践できる」ことだと思うのですが、

 すご~くキレイ女の人をみても、色目で見てはいけない、とか、(笑)
極寒の中で滝に打たれなさい、とか、
ツボを買いなさい、とか、

難しそうなことは、でてこない。(笑)

8つの天国言葉。

愛してます
ついてる
うれしい
楽しい
感謝してます
しあわせ
ありがとう
ゆるします

を1日49回以上言えばいいよ、とか、
このお話(CD、ユーチューブ)を100回聞きな、など、

とにかく具体的で、暖かい部屋の中で、誰でも楽に実践できる。

そして、しなくても罰則がない。
(このユルさが最高。(笑))

 幸せになりたい方は、明るく、人生を楽しむ、と決める。
あとは人に親切にしようと思っていれば大丈夫。
のようで、

死んだら、「人生を楽しみましたか?」と、「人に親切にしましたか?」という2つのことだけを、
神様から聞かれるそうですが、

人生を明るく楽しく、人に親切にして過ごせたら、
素敵だと思いました。



☆ 外部リンク 『成功脳』のユーチューブ



 関連記事

 ☆ 素敵で、魅力的な人に、なる方法。 【文字起こし】斎藤一人さんの『魅力の話』。 100回聞き。 「「魅力」とは何か?」が分かります。

幸せになる、具体的な方法。『斎藤一人さん 「つやこの法則」【文字起こし】』 カンタンに実践できる方法。 不幸な人が不幸になる理由。

☆ 「粗末に扱われる人と、大切に扱われる人の、違い。」、人から愛される方法。ココだけ変われば、全く違う人生。 「人からの扱われ方の違い」がよく分かる、6歳の女の子のユニセフ実験3分動画。

☆ 新しく始めよう。 AIの、人間関係。 この世を天国にするためのルール。

☆ お金持ちで、皆から尊敬されて、人間関係も得意。 AI(人工知能)も好かれることができるのは、ノウハウ。 

☆ 幸せになる方法。 斎藤一人さんの「幸せの道」【文字起こし】。

☆ いつも「笑顔」でいること。 でも、「笑顔」でいないことも大切。

☆ 人間関係は、「笑顔」がトクな理由。 素敵な笑顔の作り方。

☆ 「気遣い出来る人」になる方法。 人から好かれる、すごい体験。 斎藤一人さんの「この人にすべての良きことがなだれのごとく起こります」をしてみたことの、スゴイ効果。

☆ 春は、うつ病の悪化しやすい季節。 気持ちが落ち込んだり、辛い時には、 この言葉と、斎藤一人さんのお話で、乗り切るのもおススメです。

☆ 大切な人間関係、仕事にも万能な「成功法則」。 『 21世紀は男も女も「見た目」が100% (見た目を磨くとすべてがうまく回りだす』斎藤一人著。

☆ 男性からの人気ナンバーワンは、「純粋な子」。 モテる純粋な女の子になる方法。

人生大逆転が狙える?!  映画「カイジ」のような、労働者層の大逆転が可能。  年齢、学歴、性別、関係なし! 文章力がなくても大丈夫! な、ユーチューブや、ブログ。ドローンも。

 ユーチューバーとか、ブロガー、ネットで稼ぎたいと思う人は、多くいて、
よく、儲からない、とか、儲かる人は少ない、と言われたりしますが、

ネットは、リスクなく人生の大逆転が可能、というか、大金持ちにも跳ね上がることができるような可能性を秘めているもの。
それが資本金をほとんど使わず、手持ちのパソコンやスマホで出来たりする。

年齢、学歴、性別、等々が不問で、
金銭的に大きな投資が不要。
無料ブログなどでも始められて、
「ノーリスク、ハイリターン」みたいなところがあるので、
やってみたいと思うなら、始めても損はないと思います。
(ただ、それを作る時間や、労力が、かなり必要)

匿名でしたいなら、身バレしないように、とか、
永遠に残っても、困らない画像にしておく、とか、
自分なりに安全策を考えて、そこに気をつけて始めるのもいいかも。
でも、もし自分だと分かっても、大丈夫なぐらい誠実に作ることが一番かもしれません。

 例えば、世にいう「エリート」だと、
子供のころから積み上げきた実績が必要で、
医師みたいに、十代の頃の、学生時代から成績優秀者であることが必要だったり、
超難関の、医学部に通っていたり、
大人になる前の子供の段階で、もうすでに、いる位置が高く、

そこを積み上げて来なかった人が、
大人になって、すでに、ある年齢まで達してしまっている状態からでは、
もうそこに行けない、エリート階層みたいなものがあり、

それが金銭的な収入の額や、社会的な地位、名誉?にもつながるので、

若い頃に、その階層に入れなければ、
大人になってからでは、低い収入のところからから、いきなり高収入になれる人が少数になり、
ある年齢を過ぎてからの追いつき、逆転は難しい。

 映画「カイジ」は、そこら辺を分かりやすく表現していて、
面白く見ながらも、どこか身につまされるというか、
どこかで、こういう現実あるな、と思いながら見てしまうことが多いと思うのですが、

(映画「カイジ」をご覧にならなかった方のために書いてみると、
「カイジ」は、低所得だったり、フリーターで年齢を重ねようとしていたり、借金を背負ってしまったり等、
いわゆる「労働者階級」で、低い賃金で働いていたり、安定した職業についていないことで、
多くの収入を得て安定した贅沢な暮らをしていない人が、そこから人生を逆転させ、大金を手にすることができるというゲームに挑戦し、人生大逆転を狙う、という映画ですが、

 普段の生活では、知り合う人それぞれに仕事や立場、それぞれの階層があって、
めったなことでは、なかなか口に出さない収入による格差や層がある現実に、遠慮なく切り込んでくるような、
感じてはいるけれど、口には出せないようなことを、映画の中で表現してくれているよな作品でした。
この映画が大ヒットしてシリーズものになるほど売れたのは、多くの人が心の中で、自分や人の階層や収入、
自分の将来の収入や生活に希望がもてるかどうかを、心の中では意識していて、
考えているからなのかも、と思います。)

 でも、映画カイジのように、大掛かりな人生逆転チャンスのゲームを、現実的に作る人がいなくても、

今は、それこそ、ネットの世界があり、
人生の大逆転が可能。

それが、ユーチューバーや、ブログ、SNSなどを使ったものなのかもと思うのですが、

昔のように、資金がなければ事業が始められない、
ということもなく、
今の職業や、収入の額、学歴とも関係ない。

ネットの中で資金や在庫を持つことなく、商売ができたり、
無料で、自分のもつ情報を発信して、
出版社や、放送会社を通すことなく発信できて、全国全世界多くの人に読んでもらったり、見てもらうことが出来たり、
外へ出て、他人とかかわって、接待して気を遣って良い人間関係を築き上げなくても、
ネットの中で、現実に人に会うことなく、ビジネス提携ができる。

従業員を雇わなくても、自分の書いた文章が、24時間休むことなく、いつでも誰かの目に触れ、働いてくれる感じで、
売り上げを上げることが可能。

書けば書くほど、良い時代になりました。(笑)

 映画カイジの前提にあるのは、
いわゆる労働者になると、一生で稼げる金額もだいたい決まっていて、
その見込み額から大きく収入額をあげることが、本当に困難、という時代が、今まで長く続いていた現実。

商売上手で大逆転、というパターンもなくはなかったのですが、
その才能が必要ですし、
その商売を始めるにも、元手が必要で、容易ではなく、
始められる人も、「儲けるか? 損するか? 人生をかけた大きな賭け」にでる覚悟が必要、ということが多かったのですが、

今は、一言で言うと、「時代が変わって」
元手が無くても、ネットの中で商売が始められたり、
自分が作った映像や、文章を、映画会社や編集者や出版社などに認められることなしに、直接、大衆に発表して収入に変えることが出来る。

学歴がなくても、会社で認められなくても、働いた経験がなくても、体力がなくても、芸がなくても、人とかかわるのが苦手でも、

投資が少なく、誰でもリスクほぼ無しのように始められて、
(失敗したら(売れなかったら)何百万円の借金を負う、というリスクがなく始められて)
成功すれば、稼げる人になる、ということへの挑戦が、ネットを利用して誰でも気軽に出来るようになり、
ハードルなく始められる、その大きな間口の手段の一つが、ユーチューバーやブログなどのネットの世界ということ。

それは、始めてみちゃうよね~、という感じですが(笑)

 現実社会で、多くの求人募集で求められる、
年齢、学歴、資格、経験などなど、
これがないと、そもそも仕事につかせてもらえない、雇ってもらえないというところから、

そんなことは一切関係なく、
誰でも平等に?、リスク少なく、そういうことが始められるようになったように思います。

少し前、プロブロガーになることを目指す方々も多くいましたが、
それに必要だった、文章力も、
例えば、ユーチューバーの「映像」を売りにするなら必要ない、とか、
自分の得意を活かせばいい、という、メリットも大きいと思います。

 さて、そんなこともあり、
私も最近、我が家でもドローンを購入してみました。

最近テレビなどでもよく見る、ドローン映像。

これからは、ユーチューブでも、もっと多くドローン映像が増えてくることは間違いなく、

しかも機械の性能がよいので、素人にも撮影しやすく、編集しやすい、ということで、
私も、「いいな、ドローン」と、思っていたところに、

なんと、主人(オジさん)が、ドローンを始めた。

 ドローンいいのよ。
映像もきれいだし、個人でこんなことができるなんて、ちょっと前まで、本当に夢の世界。
 これからは、ドローンだな、
と、思うか思わないか?は人それぞれだと思いますが、(笑)、

とても簡単だったので、今度、機会があったら、「女性、おばさんでもできる。超簡単! ドローンの始め方を書いてみたいと思うほど。(笑)

ただ、あまりカメラワークが得意ではないので、
多分、まぼろしに終わる予感満載ですが(笑)、
でも、私でもそんなふうに感じるぐらいに簡単でキレイな映像。
ブログに向かない方は、ドローン、良いなと思いました。

 

笑う方法。 笑えない。笑い方を忘れたら、「型」から入る。 野村萬斎さんから教わる「笑いの型」

 笑うから楽しい。

でも、人って、笑えなくなることがありますよね。
そんな時…、

笑いは、「型」。
型を覚えれば、感情とは関係なく、笑える。
そして、笑うから楽しくなれる。

 2020年6月、NHKテレビで、狂言師の野村萬斎さんの笑いの時間という番組を放送していました。
野村萬斎さんが狂言の「笑いの型」を教えてくださるのですが、
これは狂言の「笑いの型」なので、
感情に関係なく、型どおりにすると、
楽しそうに笑うことができます。


 ↑ ユーチューブでも教えてくださっていました。

 その時のNHKの番組では、野村萬斎さんの教えてくださる「笑いの型」を、
リモート中継で教わるのに、いろいろな方が参加されていて、
もちろん、私もテレビの前で参加したのですが、

萬斎さんが教えてくださる「笑いの型」に合わせて、

萬斎さんが「ハーーーア」と言えば、
私たちも「ハーーーア」、

萬斎さんが「ハーーッハーーッハーーッ」と言えば、
私たちも「ハーーッハーーッハーーッ」、

萬斎さんが「ハッハッハッハッハ」と言えば、
私たちも「ハッハッハッハッハ」、

とマネしていくだけなのですが、

 いやこれが、全然面白いわけではなかったのに、
型を続けて笑うと、面白くなっていく、という逆転現象がおきまして、

笑いの型をすると、本当に可笑しくなってくる。
そして、最後の頃には、
リモートに映っている皆んなと大爆笑、みたいな感じ。
(ユーチューブでは、残念ながら大勢の参加者がうつらないので、
その分、笑いにくいかもしれないのですが、
人には「人の笑顔を見ると、自分もおかしくなる」という現象があるようで、
笑ってしまう参加者の顔を見ると、余計おかしくなり、皆で大爆笑でした。)

 これ、きっと、昔「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ」と聞いたことがあるのですが、それに近いと思います。

これちょっと残念なのは、
リモートで、こらえ切れなくなって笑っているみんなの笑顔を見るから、
過剰的に可笑しくなる、というのがあるらしく、
一人でユーチューブを見て、笑うと、
(野村萬斎さんと息子さんしか映らず、参加者のみんなの顔は映らない)
テレビを見て、リモートのみんなの顔が見えていたときほどは笑えません。

 一度、ユーチューブで、「あなたも絶対笑います」というような動画があり、
見てみると、
ただ、「誰かが大爆笑する」映像が続く、というだけの動画で、
次々に色んな人が、「ヒィーヒィー」言いながら大爆笑して笑う場面が映るのですが、
これを見ると、最後には自分も笑ってしまうという現象を体験しまして(笑)
笑いって、「つられるんだ」と思いました。

ただ、やっぱり笑いの型は効果あり。
笑えない時は、しばらく毎日続けてみるといいようです。

人間関係が苦手な人、発達障害さん?、空気が読めない人の人間関係マニュアル。 「言葉の真意をとらえようとすること」

  人間関係が苦手な人、発達障害さん?、空気が読めない人の、
人間関係マニュアルは、「当たり前」のことを書いていくことかもしれません。

これが「本当は良い人なのに、人間関係が苦手な人」の特徴かもしれないのですが、

 人の喜ぶことをする、とか、笑顔でいる、とか、
人間関係には、「こうすると、人間関係がスムーズにいくよ」と、よく言われていることがあるのですが、

人間関係が苦手な方の中には、
多分、それ以前の、「常識、とか、当たり前のこと」当然のこととして書かれていない部分が、あまり分かっていないこともあると思います。

「いつも笑顔でいる」と言っても、相手が悲しい話をしているときに、笑顔でいてはいけませんし、
「人の喜ぶことをする」のは、自分を大切にしてくれる相手に対してすることで、
自分に対して、他の人にはしないような粗末な扱いをするような人、に、「相手の喜ぶことをする」と、ますますつけ上がって、よくないこともあります。
「不平不満は良くない」と言われても、間違っているなと思うことには疑問を持つことが大切だと思います。

これは、発達障害さんの症状としてもあったりするそうですが、
「言葉を、言葉どおりに受け取る」というのがあります。
発達障害さん全員にこの症状があるのではなく、そういう特徴を持つ方がいらっしゃるということですが、
例えば、嫌味や皮肉などがありますが、
そうでなくても、言葉には裏表や、もう一つの意味というようなものがあり、
その意図とするものが、必ずしも「言葉通りではない」ということがあります。

例えば、京都で、「ぶぶ漬けでもどうどすか?」と言えば、それは、「帰れ」ということ。(笑)
(京都出身の人以外には、(発達障害さんじゃない普通の人にも)分かりにく過ぎて、逆に有名になりました。(笑))

そこまで分かりにくくなくても、
「少し寒いね」と言われれば、「暖房の温度を上げてほしい」ということだったり、
文字通りの意味だけでなく、
その奥に、もう一つ意味があり、
それを理解する言葉のやり取りをすることが多いのですが、
これが理解できずに、いつも人とトラブっていることがあると思います。

例えば、発達障害さんで「言葉どおりに受け取る」という特徴のある人が、
「この宝石は、とても高かったんです」
と、言えば、
それは、本当に「宝石が高かった」というだけの意味で、
他に意味はなかったりするのですが、
他人からみると、「自慢している」と思われたり、
場合によっては(買えない自分にたいして)「当て擦ってる」と思ったりされる、
という感じです。

なので、「発達障害さんは、(気持ち的に真っすぐで悪気がなく)本当は誰もが付き合いたいぐらい、とても良い人でありながら、
言葉の使い方が分からず、人に誤解されて、人となかなかうまくいかない人」、
ということがあるようです。

善意であることと、それを相手に伝えられることには、全く別の手段が求められている、という感じかもしれません。

人と話していて、誤解されたり、トラブることが多いと感じているときは、
もしかしたら「言葉を、言葉どおりとらえて、(もう一つ奥にあるような)言葉の真意」がとらえられていないのかもしれないと、考えるようにすると、
少しずつ、別の意味もとらえられるようになったり、
時間をかけた後からでも、なぜ?トラブっているのかが分かってくることもあるように思います。


関連記事 

人生が辛いな、と思ったら、精神的に落ち込んだら、斎藤一人さんのユーチューブを聞く。

  俳優の三浦春馬さんのユーチューブを、最近よく見ています。
見れば見るほど素敵で、カッコよくて、爽やかな風が吹くような映像ばかりですが、
正直、三浦さんの生前にはファンでもなんでもなく、まだ魅力に気が付かずに、
カッコイイ人は沢山いるのに、なぜ?この人ばかりがいつも主役なんだろう? と思っていました。

 まだ30歳で、こんなに多くの映像が残っていると、
もの凄く多忙だっただろうと、
はたから見ても、想像がつくぐらいなのですが、
カッコよくて、親友もいて、仲間にも好かれて、大切に思われて、仕事も順調でお金もあって、
演技も歌も踊りも、報道陣へのコメントも誠実で、抜群に上手な俳優さんで、
人気と若さと体の健康があっても、
自分自身の中で、生きているのが辛くなってしまうことがある。

映像を見ると、仕事にたいしても、人に対しても誠実で、すごく真面目な人柄が伝わって来て、
真面目で心がやんでしまうぐらい自分を追い詰めたのかなと思う感じで、
自ら、この先の人生をすべて終わらせてしまうぐらいなら、
その前に少し、ゆっくり休ませてあげたかったな、という気がしてきます。

芝居や演技を見に来る人達を、楽しませようと、
全力で練習して、一番よいモノを見せてくれた感じがして、
ファンの方々が「本当に、ありがとう」と感謝のコメントを寄せていることに共感するのですが、
この先の春馬さんをこの世で見られなくなってしまったのは、
とても惜しくて、
ぜひ、生きてほしいと思わせられました。

多分、本当に悩んで、辛かったであろう春馬さん。
心がウツっぽく、調子が良くないと分かっても、
大勢の人に見られる職業柄、病院に行くこともできず、このようになってしまったのかも。
ご冥福をお祈りいたします。

 さて、人には、それぞれその時々で悩みがあって、
悩みのない人はいない、と言われたりしますが、
もし、人生が辛く感じられたり、幸せになりたい、と思ったら、
私のいいと思うおススメは、斎藤一人さんのユーチューブを聞くこと。
一つのお話を聞いてピン来なくても、
たくさんのお話があるので、いくつか聞いてみるといいと思います。


 斎藤一人さんは多くの本も出されていますが、
斎藤一人さんのお弟子さんの書かれた本も参考になります。


 学生の頃、校則で髪を巻いたり、オシャレすることは禁止でした。
そういう方向で頑張ろうとすることには、大人や先生たちの反対があり、
してはいけないことのように刷り込まれた部分があると思います。

 でも斎藤一人さんの本を読むと、
真面目すぎない生き方、
正しいことより、楽しいことを選択する生き方、
オシャレする生き方、
自分のしたいことをする生き方が素直に素敵だなと思えます。
やりたいことをしていいのだ、と思え、
「お金を儲けること」にも、心のどこか抵抗を持っていたことに気が付きました。

自分の中での価値観も変わり、人生がより豊かに開ける気がします。
今持っている固定概念から抜け出して、人生を切り開くために、
何度も(100回)聞くと、視界が開けてくると思います。


関連記事

☆ 素敵で、魅力的な人に、なる方法。 【文字起こし】斎藤一人さんの『魅力の話』。 100回聞き。 「魅力」がつきます。

☆ 「気遣い出来る人」になる。 斎藤一人さんの「この人にすべての良きことがなだれのごとく起こります」

☆ 幸せになる、具体的な方法。『斎藤一人さん 「つやこの法則」【文字起こし】』 カンタンに実践できる方法。 不幸な人が不幸になる理由。

☆ 「粗末に扱われる人と、大切に扱われる人の、違い。」、人から愛される方法。ココだけ変われば、全く違う人生。 「人からの扱われ方の違い」がよく分かる、6歳の女の子のユニセフ実験3分動画。

☆ 幸せになる方法。 斎藤一人さんの「幸せの道」【文字起こし】。

☆ 『人の傷。『形の話』(五つの傷) 斎藤一人さんのお話【文字起こし】 。 人は、傷を治すために生まれて来た。 』

☆ 悩みは「時間」が解決する。 失敗した、と思った時、大切なのは、ゴハンと睡眠。

☆ 気持ちが落ち込んだ時には、 斎藤一人さんのお話で、乗り切るのもおススメです。

☆ もし、自分にスゴイしもべがいて、言うことを全て叶えてくれるとしたら? 斎藤一人さんの『成功脳』は、そういうお話。 ユーチューブでもその内容が聞けました。

☆ 『未来の青汁 ウルトラ パニウツ元気』(銀座まるかん) 感想。 「うつ」の原因は、食べ物も大きい。 「脳に栄養」しっかり栄養補給。

☆ 『 21世紀は男も女も「見た目」が100% (見た目を磨くとすべてがうまく回りだす』斎藤一人著。

誰からも認められなくても、自分を信じる。 すごい才能の持ち主でも、気づく前は自信を持っていないと解る動画。

  イギリスの有名なスターへの登竜門? オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で、
美しい歌声を披露し、一躍有名になった、スーザン・ボイルさんは、日本の紅白歌合戦にも出演されました。


 当時47歳で、一見、普通の女性が、
一節、歌い出しただけで、周りの空気が、一変。
歌い始めた、そのワンフレーズだけで、誰もがその高い才能に気づく、素晴らしい歌声でしたが、
驚くべきは、47歳まで、歌手志望の彼女の夢が叶っていなかったこと。

大勢の聴衆を総立ちにさせ、拍手喝さいを浴びた彼女でも、
自分には才能があるかもしれない、と思いつつ、
周りから認められていなかった彼女は、
その才能を信じ切れず、
現実にスタンディングオベーションで惜しみない拍手を送る聴衆に驚き、
涙を流していました。

彼女の歌声は、ユーチューブで9日間で1億回の再生数を突破したそうです。
海外のオーディション番組で有名になり、プロ歌手になり、日本の紅白歌合戦にまで出演されたスーザン・ボイルさんですが、
そのことによって、有名になったのは、
スーザン・ボイルさんだけでなく、
才能を見つけるための「オーディション番組」のほうだったかも、と思うぐらい、この番組の出演者の映像をユーチューブを多く見るようになりました。

さて、そういうユーチューブをよく見ていると、
そのオーディション番組で才能を発揮し、多くの聴衆を魅了して、拍手喝さいを浴びる才能の持ち主の人たちが、
その拍手を聞くまで、
「自信を持っていないこと」に気づきます。
本当は、すごい才能と実力なのに、ここに来るまで、自信が持てない。

でも、本当にすごい人たちばかり。
 


 皆、この会場に来るまで、
身近な人たちには、才能を認めてもらえず、
自分の持つパフォーマンスに、今イチ自信がもてなかった方々なのですが、

でも、考えたら…、私も、
もし、まだ世に出ていない若かりしピカソさんに突然、絵を見せられて、
「僕の絵を、どう思う?」
と、聞かれたら、
正しく評価してあげられるかは、かなり疑問。(笑)
(その才能が分からない気がする。)

 もし、自分で、
これ、「良いのではないかな?」と、思ったら、
周りの低い評価の意見は、無視して、
「向上する」ことだけに意識を使うといいかも。

以前、日本一の高納税者 斎藤一人さんが、
 もし、自分に才能がない、と思うなら、人のことを褒める。
「できる人に「すごいねぇ」って言ってあげられるのは、最高の才能」
とおっしゃっている話を聞いたことがありますが、

「いい」と評価できることも、また才能で、
それができる人も、また少数派なのかもしれません。


☆ 「気遣い出来る女性」になる。 斎藤一人さんの「この人にすべての良きことがなだれのごとく起こります」

☆ 悩みは「時間」が解決する。 失敗した、と思った時、大切なのは、ゴハンと睡眠。

☆ 気持ちが落ち込んだ時には、 斎藤一人さんのお話で、乗り切るのもおススメです。

☆ もし、あなたに凄い「しもべ」がいて、あなたの言ったことを全て叶えてくれるとしたら。 斎藤一人さんの『成功脳』は、そういうお話。ユーチューブでも聞けます。

☆ 『未来の青汁 ウルトラ パニウツ元気』(銀座まるかん) 感想。 「うつ」の原因は、食べ物も大きい。 「脳に栄養」しっかり栄養補給。

☆ 人間関係、仕事にも万能な「成功法則」。 『 21世紀は男も女も「見た目」が100% (見た目を磨くとすべてがうまく回りだす』斎藤一人著。

 

 今は「収入額の大逆転」が可能な時代。 負け組から勝ち組へ。 例えば、小学生のなりたい人気の職業「ユーチューバー」。 中高年からでも、いきなり高額収入。

 この職場に一生いられるとは、限らない。
と、感じたら、
副職を考える。

家計を守るために、まず現状把握。
いくら赤字なのか? 黒字なのか?
そこを把握して、固定費を削減。
家計に困らないようにしようという記事でした。

さて、そこをクリアしたら?、次。
節約もいいですが、
やっぱり収入は大切です。
(当たり前。(笑))

昔は、会社に入って上司や社長のお眼鏡にかない、
その会社にずっと置いてもらえるか?
はたまた、投資をして自分でお店や会社を持ち、商売していけるか?

何かを始めるのに、
例えば文章なら、出版社の編集長に認められることが必要だったり、
世に出る前に、「(出版できるなどの)力のある誰かに認められる」必要があり、
さらに、認められるべき関門が、何か所か、ワンクッション以上あって、
その関門で認められなければ、たとえ素晴らしい文章が書けても、
そもそも多くの人の目に触れられない、世に出られない(出版できない)ということがありましたが、

今は、年齢、学歴、性別、経歴など、全く問われず、いくつからでも、収入の大逆転が可能な時代。

ネットの持つ力は大きく、
ワンクッション必要なく、直接、多くの人々に向かって発信でき、
(興味を持っている人に向かって、直接発信でき)
スマホやパソコンを持つ人なら、ほとんど投資なしで、
お金を儲けることに挑戦できる。
(例えば、ブログやユーチューブなど)


失敗しても損失なく、何度でもやり直せる。
(違うブログを立ち上げて、作り直したり)

今、小学生のなりたい職業のトップスリーに「ユーチューバー」が入るそうですが、
これは、小学生でなく、
中高年のなりたい職業も「ユーチューバー」で、
今からでも全くマイナスがなく、小学生と同等にチャレンジできる、
(年齢、学歴、性別、経歴…等々、全く問われないため)
ということがあるように思います。

 以前は、プロブロガーを目指す人が多くいて、
文章を書くのがさほど好きでもないのに、ブログに挑戦して、続かずに挫折したり、ということも多かったと思いますが、
文章を書くのが得意でなくても、今は、ユーチューブの映像でアピールしたり、
いろいろな得意を活かせるようになりました。
また、昔は、例えばプロブロガーなら、
「記事を書く」以外に、売れる商品とコラボさせて、物を販売したり、
「売る技術」があることが儲けるために必要だったりもしましたが、
今は、例えばグーグルアドセンスなども優秀に改良されていて、
ただコードを貼り付けておくだけで、
あとは自動で配信してくれるので、
書き手が「売る技術」を持っていなくても、
勝手に、「売れる広告」を「よく見られそうな場所」に載せて自動配信してくれる。
とても良い時代になったと思います。

ただ、やはり売れるためには根気が必要。
一定以上記事や、配信の本数がないと、どんなに良い記事でもブログ自体が検索上位に上がらず、売れないことも多いので、
かなりのエネルギーを注いで、ある程度以上の量数のあるものを作り上げる。
それには時間もエネルギーも必要で、
その間の生活を支える資金も必要なので、
カンタンには会社を辞めずに、
何も失うものがない状態で、始めること。

作っても初めから上手くいく方は極少数。
一からコツを学び、自分自身で学んで成長していくつもりで、
時間をかけて納得のいくところまで続けるといいと思います。



不況や、高齢化にも。 お金は、先を見通すこと。 生活の不安を解消するのに、まず行うのは、「家計」の見直し。

 新型コロナウイルスの影響で、「お家にいよう」ということになっていますが、

病気で死ぬのか?
経済で死ぬのか?

ということが、言われています。

 ここまで、人がお金を使えない状況、仕事をできない状況ならば、
不況が来る、経済がしぼんでしまうのは、間違いないので、
今から、しっかり家計を見直しておくのが、いいと思います。

 1900年代の初頭に起こった、スペイン風邪は、世界で極めて多くの死者を出し、「最も多くのヒトを短期間で死亡に至らしめた記録的なもの」と言われているそうです。
(各国の情報操作により、正確な死亡者数は不明)

その状況が、今の新型コロナウイルスの感染状況と似ているということなのですが、
スペイン風邪は、より悪性を強く、ウイルスを変異させて、
第1派、第2派、第3派、というように、
比較的長期にわたって、感染、死亡者数を増やしました。

 日本では、スペインかぜの『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、
1918年8月~1919年7月 感染者 2116万8398人 死者 25万7363人 死亡率 1.22%
1919年9月~1920年7月 感染者   241万2097人 死者 12万7666人   死亡率 5.29% 1920年8月~1921年7月 感染者   22万4178人 死者        3698人 死亡率 1.65%

 合計 感染者 2380万4673人 死者 38万8,727人 死亡率 1.63%

という、内務省衛生局編『流行性感冒』による統計数値があり、
第1派より、第2派の方が高い死亡率となっています。
現在、世界的な自粛や往来の禁止により、
かなりウイルスの猛威は抑えられたように思いますが、
今後の懸念がなくなったわけではなく、
病気的にも、経済的にも、長期戦で見ていく構えが必要だと思います。

 さて、家計の見直しですが、
まずは、家計簿をつけることがお勧めです。

 とくに、贅沢をしていないのに、家計を圧迫しているものがある、という時には、
それが保険料ということも多いので、
 目的にあった、掛け捨て型の保険で、保険料を抑えたり、
(病気に備える、死亡に備える、など、目的を絞る)
今まで掛けていた保険で、把握していないものがあれば、見直しをすると、いいと思います。
地域や生協、職場などの団体保険を利用することもできるので、
まず、自分がいくら保険料を支払って、どのような保険に入っているかを確認、認識して、検討してみるといいと思いました。
(コチラの記事。『「家計の見直しは、必要」。 自動車保険、火災保険、 保険料の比較。』 
サクッと説明すると、
ネット上で自動車保険、火災保険は、保険料の比較ができるので、
比較して見るといいという内容と、
住宅ローンの借り入れ料率などを複数の銀行や信用金庫などで比較してくれるところがあるので、そういうところで教えてもらうといいという記事になっています。)

 前回は、
家計で困らないようにするには、家計簿が大切ですが、今まで付け続けられなかった方も、「後から、まとめてつけられる」と知ることで、挫折もなく「つけられるようになる」という記事を書きました。
(コチラの記事。『お金が欲しい、お金に困らない方法は、「家計簿」をつけることから。 家計簿を「つけ続ける」方法。 家計簿は、ためても「まとめづけ」ができます。 』)
今、流行っている家計簿の一つに、いちのせかつみさんの「一行家計簿」があるのですが、
家計は、収入と支出のバランス。
なので、家計簿つけの苦手な方は、まず簡単に、収入と支出の額だけでも把握して、
自分の家計が赤字で将来困るのか?
黒字でいくら余裕があり、備えはどれぐらいできるのか?
というシンプルなところから把握するのがいいと思います。
 家計を立て直す、というと、大掛かりで、やることが沢山ありすぎる感じで、
実際に何をしていいのか?分からなくなる可能性があるので、
家計を見直すなら、まず固定費の見直しから。
毎月落ちていく、保険料などの額を見直す。

例えば、「こんなに手間をかけて、月1000円しか変わらない」とか、「数百円しか変わらない」ということであっても、それが毎月になれば一年で12,000円。
10年で12万円。
30年で、36万円が手に入る。
固定費を見直す、とは、そういうことで、実際には、もっと大きな額の節約になることが多いので、調べてみる価値は大きいです。
「家計の見直しは、必要」。 自動車保険、火災保険、 保険料の比較。

 年金の支給開始年齢が、どんどん上がるなか、
高齢になれば、定年を迎えるという現実。
遠い先の話だと思わずに、その未来は確実にやってくる、と思えば、
今からの備えが、とても大切だと気づく。
年齢を重ねれば、若い頃のような体力を保持できるとは限らず、タクシーに乗ることも多くなり、ますますお金が必要、大切になってくる。
それを想定して、備えておくといいと思います。

お金に困らない方法、お金が欲しい時は、「家計簿」をつけることから。 家計簿を「つけ続ける」方法。 家計簿は、ためても「まとめづけ」ができます。 

 新婚の頃、家計簿つけに挑戦した、私。
いやいやこれが、見事なほど、
全く、続かない。(笑)

もはや、続けるために付けるのか?
止めるために、つけ始めるのか? (笑)。
(つけ始めた時から、「いつまで続くかな?」という考えが頭をよぎる。(笑))

 そんな私が、今は、かなり細かくつける難関の家計簿?(細目がかなり詳しい)を、つけこなす、

 実は、これには、コツがあります。

 家計簿つけを、サボっても、ためても、
忘れているんじゃないの? と思っても、(笑)

後から「まとめてつける」ことが出来るようになったこと。

 私のような、まとめ付けのプロともなりますと、
(それだけサボった、ということですが(笑))

 数か月つけていなくても、問題なく、後から、まとめ付けができます。
(自慢になるのか? ならないのか? (笑))

あとからでも、しっかり家計を把握することが出来るため、
もはや、家計簿を止める理由が、みつからない。

 ポイントは、日々の現金のやり取りだけをレシートなどで、全て残しておくこと。
家計簿をつける時、分からなくなるのは、現金の収入額と支出先だけなので、
(銀行の引きおとしは、記帳されて残るので後からでも分かる)
そのレシートを残しておけば、不明になる現金がなく、家計簿つけには困らないです。
(多少、分からない現金額(合わない金額)がでても、多少であれば「不明金」でつければ大丈夫。(どこが大丈夫?という感じですが(笑)、多少の額が不明金になっても、お金の収支の大半が分かれば、個人でつける家計簿はたいした問題にならないんじゃないかと思います。)

ためたレシートを日付順に並べて、バーッと家計簿をつける感じですが、
この方法に慣れるまで、数か月ためた分を、
始めは、一日がかりでつけた、感じでしたが、
今じゃ数時間。
(なんの自慢?(笑))
けっこう、あっという間なので、
もはや、つけられない、感じがしないぐらい。

(開いているページのものを、まとめてつけるなど、やっているうちに、自分なりの要領がついてきます)

そんなふうに、「気が向いたときにつければいい」と思えると、
家計簿つけは挫折が少なくなるかもしれません。
(もちろん家計簿付けは、ためないのが一番楽ですが、
ためても、後からいくらでもつけられると思うと、気が軽くなると思います。
(挫折までしない))

 さて、今回は、家計簿つけに何度も挫折し、
もはや「つけ続けられる気がしない」とまで思っていた私でも、家計簿つけができるようになった話からスタートしましたが、
もし、お金に困った生活をしたくない!と思ったら、
まず、家計簿をつけることから始めるといいと思います。
家計簿は、今の家計のみならず、将来の家計までも見通せるようになる魔法のアイテム。
つけ続けていると、
自分がどんなときに、いくら出費しているかが明確に分かり、
この先、自分がどの時点で困るのか?も見えてきて、
安心して暮らしていけるようになると思います。

家計の破綻は、年収700万円世帯が危ない、と聞いたことがあるのですが、
家計を破綻させるのは、収入額の多い少ない、ではなく、
「いくら使っているか?」という支出額とのバランス。

 家計を破綻させてしまう人に多いのは、
「これは安いから」とか、「大きな出費にならない」とか、
支出額にたいして、「たいしたことない」と思ってしまう「感覚」があり、
もともと収入額が少ない世帯が持っていない、「買う」という贅沢の選択肢がある、少し収入の多い世帯(年収700万円ぐらいの世帯)が、
危機的な感覚の自覚が無いまま、支出をし続けてしまうことで、いつのまにか、気が付いたら、破綻にまで追い込まれる、ということが多いそうです。

そんな、怪しげな「感覚」からの脱出。
それが、家計簿の持つ大きな力の一番、だと思うのですが、
「記憶はあいまい、記録は正確」だそうで、
「これぐらいいいだろう」と、思わず使ってしまいそうなところで、
明確に「今、収入にたいして、支出の方が多い。(いくら赤字がでている)」と、はっきり把握することが出来る。
そして、
このままでいくと、学費のかかりそうな年代に入った時に、赤字で支払えそうにない、とか、
今、この支出(生命保険の費用などの固定費が大きい)を抑えることで、将来かなり楽になる、
など、将来を見越して計画的に生活できるようになる。

家計簿は、必ずしも詳しく細部まで記録する大変な家計簿でなくても、
ぶっちゃけ、収入額と支出額が記録してあり、
赤字にならないように、把握できればいいと思うのですが、
(本当は詳しい方が、良いですが、
詳しさを求めて家計簿をつけるのが大切になり、挫折してつけられなくなるぐらいなら、
簡単な付け方で、収入と支出とをきちんと把握できるほうがいいと思います)

簡単な付け方の家計簿、有名なところには、いちのせかつみさんの、「一行家計簿」などもあります。
(こちらのサイトに詳しく書いています。『「私の主婦日和」の「フジテレビ「ノンストップ!」1年で50万円貯まる方法。 お金の管理、一行家計簿。」』別サイトに移動します。)

 今も、将来も、お金に困らない生活をしたいと思ったら、
家計簿でお金を記録していくといいと思います。


関連記事

ブログのアクセスを増やす具体的な方法。 多くの人の共通の話題は、コレ。 大人も、『人生の大逆転』が可能。 ネットで稼ぐ方法。

 いい大学を出て、一流企業に就職すれば、将来安泰で、
親として、そのレールに乗せてあげるのが、よい教育法の見本、
という感じの時代がありました。

いわゆる「学歴社会」ですが、
何を身につけさせると、金銭的に安泰か?は時代によって違い、
昔は「家柄の時代」で、武士の家に生まれるか? 農民に生まれるか? で人生が大きく変わったり、
時代が移って、どの学校を出たか? どこに就職したか? の学歴社会だったり、
したわけですが、

これからは、「魅力の時代」だそうで、
魅力があれば、家柄や学歴に関係なく、求められる存在になれるそうです。
(コチラの記事。『「素敵で、魅力的な人に、なる方法」 現実になれる「実践」。 【文字起こし】斎藤一人さんの『魅力の話』。 100回聞き。 人を惹きつける「魅力」が、つきます。

確かに、昔はある程度、年齢が上がった段階で、勤務先を失ってしまうと、
就職先も限られてきて、収入の額を上げるのが難しかったり、
商売を始めるのにも多額な投資が必要だったりして、
中年以降のリベンジが難しいというか、
将来も大金持ちには成れないレールというか、
低所得者から高所得者への逆転劇が難しいこともあったと思うのですが、

今、小学生や若者のあこがれの職業の上位は、ユーチューバーなどのネットで稼ぐ系。

そして、これは、若者だけでなく、中年以降でも、
年齢、学歴等、関係なく、チャレンジ可能。
(このことに救われるのは、私だけではないはず。(笑))

文章が得意な人は、プロブロガーなどで稼ぎ、
映像を撮るのが得意な人は、ユーチューブや、SNSで発信して稼げる時代になり、
大きな投資額をかけずに、高額を手にできる可能性、チャンスが、
年齢、学歴、その人の過去の経歴に関係なく、誰にでもある時代になりました。
(良かった!)

今まで負け組だった人が、これからも負け組だとは限らず、
年齢がいくつになっても、学歴がなくても、働いた経歴がなくても、今まで積み上げた実績に一切関係なく、
負け組から勝ち組に、人生の大逆転が可能。

とても希望のある、良い時代になったと思います。
今は多くの引きこもりの人がいて、家の中からほとんど出られなかったり、
持っている力を出せずに苦しんでいたりすることもあるようですが、
もう、どんな経歴かは、全く関係なく活躍できる時代。
人間関係が上手くいかないと悩んでいる方にも、
人間関係関係なく、上司の中の誰かに認められなくても、ネットの中で世間にの人たちに直接アピールして、世に直接出て稼げる時代だと思います。

職業「アルバイト」の人が、実は、アルバイト以上に家で、ネットで稼いでいたり、
フリーターの年収が、ネット収入と合わせると正社員以上だったり、
一見、下働きの下っ端で働いている人の年収額が、
上司や社長より多かったりする。
(黙って働いていて…、実はそうだった!みたいだと、なんかカッコイイ気がする。
(私だけ?(笑)))

アルバイトやフリーターで働きに行くのは、家にいても一人でヒマだから「(本業=ネット 以外の)気晴らしに行っている」、なんてことも。
誰がどれぐらい稼いでいるか、一見の肩書だけでは分からない時代になるかも。

 ユーチューブもブログも、
始めて数か月や数年は、稼げなくても、
やり続けているうちに記事数も増えて検索にも拾ってもらいやすくなり、
改善することや、こうすればいいんだ、というコツも分かって来たり、
どうすればいいかが掴めてきたりする。
初めから上手くいく人は、極々少数。

もしかしたら上手くいくコツは、毎日のように書いて、
でも、ある程度のレベル以上の記事を公開するようにしたり、
テレビで取り上げられたものなど、多くの人が知っている共通のワードをつかって記事にしたりするといいと思います。

 昔、テレビで「はなまるマーケット」という番組が放送されているときは、はなまるマーケットで放送された内容を記事にするだけで、それをネットで調べたい人の、多くの検索に引っかかってアクセスがあったので、はなまるマーケットの番組の内容を記事にする人が多くいました。
今は「はなまるマーケット」はありませんが、ハナタカさんだったり、医学関係の番組情報だったりの内容を、ネットの記事で詳しく説明してアクセスを稼いでいる方もいます。

初めは、読みづらかったり、どうすればアクセスがくるか分からなかったりもしますが、
読み手の気持ちになって、
どんな言葉で検索するか考えて、その言葉をタイトルに使ったり、
テレビの内容を分かりやすく詳しく書いたり、面白く書いたり、速攻でアップしたり、
そういうコツを学んで、記事数を多くしていくと、段々、検索でも拾ってもらいやすくなっていきます。

テレビ以外にも、ラジオや、本、商品か何かのレビューなど、
誰かと共通の話題になりそうなものを、それを調べたい人の検索に引っかかるように書く。
その数が増えてくると、過剰的に検索にも上位に取り上げてもらいやすくなるようなので、
あとは、検索で来てくれた人が、知りたいと思う情報を詳しく書いて提供する。
検索で引っかかり、読んで満足してもらう、
この二つを地道に積み上げて、記事数を増やしていくと、アクセスは増えていくと思います。


関連記事




「月」をクリックすると記事 表示