「ポジティブシンキング」だけでは解決しない「人間関係」。 一瞬救われた気持ちになりますが、一時的。 できるところから根本から解決する。

  悩んで苦しいと思った時に、上手くいく方法を探すと、

まず出てくるのが、「ポジティブシンキング」。

「明るくとらえて、感謝して、前に進む」というような、
自分の内面に光を注入して明るく癒すような、
明るい出来事の方を向いて考えるような、イメージの方法で、
とてもいいと思うのですが、
ポジティブシンキング「だけ」では解決しないように思います。

ポジティブな考え方を聞いた時は、とても救われた気持ちになって、明るくなるのですが、
その時だけ。
また現実に戻って、落ち込むことの繰り返し。

それで、気持ちが明るくいつづけられるときは、オッケーですが、
もし、どうもあまり前に進んでないように感じる。
(同じところをグルグルしている)
またすぐに暗くなってしまう、
と、思ったら、

なぜ、上手くいかないのか?

その原因、理由を、考えたほうがいいかもしれません。

たまたまではなく、何度も上手くいかないなら、
きっと、上手くいかない理由があるように思います。

 人間関係なら、
まず、見た目から。

例えば、人のお家は、
まず外観を見て、
(大きくてリッチだな、とか)
玄関に入って、
(ステキだな、とか)
居間に通されて…、と、
(片づいている、キチンとされた方なんだな、とか)
目に入るたびに、順番に、人の中に印象がついていく感じですが、

人も同じで、
1. まず、髪型や服装などの見た目で、
印象が決まり、
2. 話したときの、声や話し方、笑顔で
心がその人に引き寄せられていく感じで親しみをもち、
3. 親切な行動で、
好感を持ったり、好きになったり、その人に恩返ししようと思ったりする。

というような感じ。

あなどれないのは、
3の「親切な行動」ができて、
本当なら、人に感謝されて、「あなたのためなら」と思ってもらえることが多いような人でも、

そもそも1.見た目が良くないと、
3までたどりつけない。
(コワすぎたり、汚すぎたりすると、
知らない人に、自分から近づいていこうという人が、少なくなると思います。)

2の話し方や表情もしかりで、
話しかけた時、ぶっきら棒だったり、
ブスッとした顔だったりしたら、
そこで人は、そそくさと離れるので、
3までたどり着けません。

 また、よく、見かけはキレイじゃないけどモテてる、という人がいると、
自分も、見かけをサボっていいのではないかと思ったりするのですが、(笑)
その方には、それを補うだけのトーク術だったり、惹きつける力があって、
モテているので、
もし、現時点で人との関係に悩んでいるなら、
まず、総合点を上げる、自分の出来ることを少しでもするのがいいように思いました。

 と、いうことでまず1の見た目。
ここが入口なので、なるべく、ここを飛ばさないこと。

とにかく見た目を、「清潔にする」。

そしてセンスに自信がないなら控えめに、小さなところでもオシャレする。
(ちょっとした小さなアクセサリーをつけたり、メーカーもののキレイな色の服を着るなど。)
初めから大きくハデなオシャレをしなくても、
小さなところからコツコツとしていくのがいいと思います。

歯もよく磨いて、自信をもって笑えるように、
口臭があれば歯間ブラシや糸ようじなどをかけてなくし、
見た目に気をつかうといいかもしれません。

次に、2の話し方。
基本的に自分の話したいことを話す、のではなく、
相手の話したそうなことに話を振ったり(相手が自慢できそうなこと、興味を持っていて話したそうなこと)、
相手の自慢話には水を差さず、
それは良かったね、とか、
スゴイね、などと肯定し一緒に喜ぶ。
それでOK。

そして、3の親切な行動。
人に「ありがとう」と言ってもらう生き方をしようと思うこと。

 仕事でも人間関係でも大切とされるのが、「気遣い」で、
気遣いとは、人の行動や気持ちに配慮して、相手がやり易いように、心地よく過ごせるようにすることですが、
それには、まず、してもらったことは返す、
もらいっぱなしはダメ、を頭に置いておくといいかもしれません。
(コチラの記事。『「気遣い出来る人」になる方法。』)

 ポジティブシンキングはもちろんとても大切ですが、本当にうまくいく方法を、本や成功している人から学び、階段を上るように一つ一つ成長していくことも大切だと思いました。


関連記事