カウンター

このブログを検索

斎藤一人さんのお話、100回聞きの、効果。 個人的感想。 『幸せの道』

 斎藤一人さんのお話には、100回聞きシリーズ(この話は100回聞いてください、という話)があるのですが、

斎藤一人さんが、人に広めてください、とおっしゃってくださっているので、
多くの方が斎藤一人さんお話をユーチューブで公開していて聞けます。

 斎藤一人さんは納税額日本一の成功者で、大商人。
お弟子さんもいて、斎藤一人さんファンもいて、多くの人に慕われる、銀座まるかんの創設者。
その方の講演、100回聞きシリーズには、人間関係でも、お金でも成功できる方法。
幸せになる為のお話や、大成功したい人のためのお話など、数々あるのですが、
その中で、たまたま私の聞いたのは、「幸せの道」。


で、一応、100回ぐらい聞いてみたのですが、
これがですね、
聞いた直後は、あまり変わらないというか、
100回聞いても、意外に覚えていないものね、と思うほど、
話の内容を、覚えきれている自信がないぐらいの感覚だったのですが…、
しばらく経ってみると、じんわり話の内容が、無意識のように頭に入っていることに気づくというか、
この感覚、もしかしたら、いつのまにか血と肉になっている系の感じかもしれないのですが、
あくまでも、私の個人的な感想、解釈で書くと、
 例えば、「幸せの道」というお話は、
人が幸せになる方法は、「幸せのほうに向かうこと」。というお話で、
まず、今、自分が立っているところから、歩いていく。
で、変な話、昔から日本には、「苦労の後に幸せがある」とか、悪いことが起こった(ことで清められたり(ミソギてきな感じ?)、苦労から学んだり)その後に、良いことがある、
というような考え方があって、
「若い頃の苦労は、買ってでもしろ」とか、
辛いことを味わって乗り越えることこそ、幸せへの道。
というような考え方があったりするのですが、
「実はそれが、間違い」と、教えてくれる内容になっています。
 例えば、嫌な奴がでてきたり、自分をイジメるような人がでてきたり、
もうそれは、
幸せの道(幸せのほうに向かっている道)ではなく、
真逆、つまり、不幸のほうに向かっている道なのだと。

 生きている中で、考え方が間違っていると、
例えば神様が、辛いことを起こして、
「その方向は、間違っているよ」と、教えても、
本人は、
「この辛いことを乗り越えたあとに、幸せが待っている」とか、
「やがて、いいことがある、やがて良いことがある」と、思い込んで、
ずっと苦労をしっぱなしのまま、
やがて、年を取って死んでしまう。
苦労をして苦労をして、(お金にも不自由せず、良い暮らしのできる、幸せな)将軍様になるのではなく、
将軍様は、生まれた時から将軍様。

だから、自分が本当に幸せになる方向に向かっているのか?
その逆の方向に向かっているのではないか?
ということを、しっかり感じ、考えなくては、
思い込みだけで進むと、
幸せとは真逆の方向(不幸)に向かって、ばく進して行ってしまう。
「自分が本当に幸せになる方向に、向かわなければいけない」と、教えてくれる内容になっています。

もちろん、仕事は、嫌な思いをしても、それでお金をいただける、という面などがあり、
嫌なことから逃げてばかりでも仕事にならなかったり、
時と場合によるとは思いますが、
(斎藤一人の別のお話に、
仕事を辞めたくなったときの、斎藤一人さんからのアドバイス、
「この嫌な部分がお給料なんだって、思うことがプロの生き方ですよ」。
というのもあります。)
まず、自分が幸せになる方向に向かっているのか? 考えることは大切。

例えば、何か良い教えを聞いたり、
これは正しいんじゃないか、と思うことがあっても、
だから、その人の言うことは100%すべて正しいと思い込むのではなく、
それをして、結果どうなっているのか? どうなるのか?を客観的に考え、
ひたすら思い込み、信じ込むだけでなく、
自分の頭で考える。

 このお話を聞いて、本当に幸せになったり、
不幸の方向に向かわないように、気をつけるようになったり、
思い込みで固まった、自分の考え方の中に、
風が吹き込むような、目からウロコが落ちるかもしれないお話。
短いお話で聞きやすいのと、ユーチューブ画面で右クリックをすると、ループ機能で繰り返し聞くのも簡単なので、
日本一の大成功者のかたのお話を聞いて、救われる方も多いかと思います。

人気の投稿