長い専業主婦生活から、正社員。 働くのが怖くなっている人が、正社員になった方法。 斎藤一人さんの100回聞きの効果。

 長~い期間を専業主婦(10年以上)で過ごしていたら、いつの間にか、家にいることが好きになり、
知らない土地に引っ越したことでさらに家にいる時間が長くなり、
買い物や必要なことには出かけるけれど、
その他は、家で子供と過ごしているうち、
あれ? これは、ひきこもりにちかい感じではないか?という状態になりました。

これが、本当に「いつの間にか」という感じで、意図せず。
正直、自分がひきこもりになるなんて、驚きです。

子供が幼いうちは、近所の公園でママ友と毎日会ったりという交流もあるのですが、
それもだいたい幼稚園ぐらいまで。
成長するにしたがって、どんどん子供についていくことも少なくなっていきます。
そんなふうにして、意図せず、いつの間にか、家にいる時間が長くなると、
だんだん外へ出るのがおっくうになり、
知らず知らずのうちに、主婦のひきこもりに近い生活に。

 初めはラクでいいな、と思っていた生活ですが、
そのうち、いいようのない不安と言うか、
結局、これはダメだな、と思う結果になったのですが、

そんな生活をしばらくしていたある日、
外に出て、人と話した時に、
なんとなく違和感というか、しっくりこない感じを受けるようになり、
毎日人と会っているわけでもないのに、人間関係で悩むというか、
誰かと会って話しているわけでもないのに、人と上手くやっていけないような気がして、
不安感が増し、
もしかしたらウツなのか?
どこかおかしいのか?
という思いが、頭をよぎるように。

こんな時、働いていていると、それを考えられる時間も少なかったりするのですが、
勤めているわけでもなく、家事もテキトウな感じだったので、
考える時間がたくさんあり、
その思いがリフレインのように、離れず、
同じところをグルグル何度も周り、
思考回路が、ほとんど成長せずに、ただ回っている感じに。

どうしよう、抜け出したい、と思いつつ、
働きに行くにも、今まで専業主婦で働いてこなかった期間が本当に長くて、
こんな私が、外に出て働くことができるだろうか?という気持ちが大きく、
働きたい、といいつつ、現実の就職活動はしない、
という状態になりました。

 今、考えてみると、
外に出て働いている人たちと、家の中で一人、ほとんど無計画で、のんびり家族の帰りを待ちながらだけ過ごしていた私とは、
時間の感覚にズレが生じていた、というか、
私は永遠に有り余るような時間の海原の中にいる、
というような感覚で、(錯覚なのですが、なんとなくそんなイメージ)

私の中で、「何も急ぐ必要がない(今しなくても、後で出来るから)」という世界に漬かりすぎていて、
パッパと決めて、次のことをしなければいけない仕事をしている人たちからは、
「早く決めて!(次の仕事、まだしなければならない仕事が沢山があるのに!)」ぐらいに思われていたのではないかと思います。

とにかく、ずっと家にいたころは、
何をするのも遅かったな、決められなかったなと、今は思います。

なので、一つ質問される度に、
「どうしよう?」と考える時間が長くて、
後で返事をしてもいいですか?と先に延ばしたり、
「う~ん、どうしようかな?」と決めた後で、また変えたり。
それは怒られるわ、という感じ(笑)。

さて、そんなふうに、何事も決められなかった私は、
一言で言うと、思考も「堂々巡り」。

私に働けるだろうか? とか、大丈夫かな?
という気持ちが先に立って、
働きたいと思いつつ、現実的な就職活動をしてない時期がありました。

 働き始めは、まずパートから、そして徐々に慣れてから正社員、というほうがいいのかな?と思いながら、
長く勤める気がないのに、パートで入って、仕事に慣れたら、正社員になるために転職するみたいなことは、会社に迷惑だし…、
などと、頭の中で毎日のように妄想し、
でも現実には、実際の就職活動の行動のとれない日々。
こんなに長く働いていない自分が、いきなり働いても上手くいくか?
そんな思考が、何も進展せずにのエンドレスに回り続ける。

 でも、いよいよ、
その山が動く日がやってきました。

きっかけは、斎藤一人さんのお話の100回聞き、だったと思います。

 斎藤一人さんは、納税額日本一の大商人で、「銀座まるかん」という健康食品会社の創設者の方なのですが、人間関係や、お金、人が幸せになる方法などの本を多く出していて、大変有名で、人気のある方です。
 著書の多くは、斎藤一人さんの講演をまとめたものなのですが、
なんとその講演会は、無料。
そして今すぐに、ユーチューブで無料で聞くことが出来ます。
(斎藤一人さん自身が、この講演会のテープを誰でも無料で、ユーチューブで公開していいとおっしゃっているため、多くの人が、ユーチューブにアップしているという状態)

なかでも、「このお話は、(なるべく1か月以内に)100回聞いてください」という、100回聞きシリーズのお話のユーチューブは、
(「斎藤一人さん 100回聞き」などでググって検索すると、ヒットすると思います)
「100回聞いたら、何が良いんだろう?」と思われる方も多いと思うのですが、
100回聞いて、数か月経って、後からじんわり、
斎藤一人さんの話したかったことが分かる感じでした。

私の聞いたお話の一つは、幸せの道、というお話で、
「昨日と今日、私は何も変わっていない、と思っても、私は確かに幸せの方に向かって歩いていました」し、
一人さんのおっしゃった通り、「成功のハードルを下げ」、
(「就職して働いた、だから成功」というところから成功のハードルを下げて)
昨日履歴書を書いていない私が、履歴書をかけたら、
もうそれは成功者、
面接を申し込んだら、もうそれは成功者、
面接に行けたら、成功者…、
と、思っているうちに、
就職をしていました。

そしてなにより、「男の人はね、働かなきゃいけないの」と毎日聞いているうち、
(私は女性でしたが)働かなきゃ、と自然に思って、
いつのまにか、就職できて、
ひきこもりではなくなって、
仕事をもって働いて、お給料をいただいている、という感じです。

これが私の実感した、斎藤一人さんのお話の100回聞きの効果。
いつの間にか、自分の本当にしたかったこと(就職して働く)ができていました。
(幸せの道、だけでなく、他のお話も100回聞きしたので、いろいろなお話が混じっています。)

100回聞いてください、のお話も、いろいろなお話がありますので、
まずは、いろいろなお話を聞いて、
自分の聞きたいお話を100回聞いてみるといいと思います。