ディズニー映画「アラジン」主題歌の名曲、「A Whole New World」、手越祐也さんが一人二役。 女性パートも歌っちゃう、癒される歌声、上手すぎで驚きます!

 ディズニー映画「アラジン」主題歌、名曲「A Whole New World」。

魔法の絨毯に乗り、アラジンとジャスミンが夜空を駆け巡りながら、歌う曲で、
目の前に広がる新世界に、心ときめく二人の気持ちが伝わってくる名曲。

とても、素敵な歌なので、いろいろな歌手の方が歌っているのを、
よく動画で聞き比べたりするのですが、

個性が出やすい、男女で歌うデュエット曲なので、
歌い手にそれぞれ、「こう歌ったら(自分が)気持ちいい」というような歌い方のクセがあり、(ここを伸ばしたいとか、「うおぉ~~」みたいな抑揚をいれたり…など)
歌をクセなく歌うのって、意外に難しい。

ただ、聞き手がきいたときに、
「自分の思い描いている音やリズム」ではない部分のクセの違和感に、ちょっと引っかかったりする。

男性と女性、二人のデュエット曲というのも難しいところで、
男性がいいと思っても、女性がイメージと違ったり、
女性がいいと思っても、男性が違う、など、
なかなか、自分の感性にピッタリという感じになるのは難しい曲だと思います。

で、元ジャニーズ事務所、元newsの手越祐也さんの「A Whole New World」。
ユーチューブにアップされていたのですが、

コメント欄に「ストレスフリーで聞ける」という意見があった気がするのですが、
本当にそんな感じで、聞き手が引っかかりなく聞ける感じ。

今日の記事タイトル、『手越祐也さん「アラジン」主題歌、「A Whole New World」が、スゴすぎて、びっくりでした。』というのも、歌手の方に対して失礼かもしれないのですが(笑)、
手越祐也さんって、私にとっては、テレビ番組「イッテQ」の明るいキャラクター。
バラエティーなどに出ているところしかあまりみたことがなかったので、
歌手 手越祐也さんは、こんなにスゴいんだと驚き。

手越さんが歌う男性パートもよいですが、
女性パートも本人が素敵に歌いこなしていて驚きです。
こういうアラジンがいてもいいかも、という、今風の男子てきな清潔感も、
さすが、テレビ番組にレギュラーで出ていたぐらいの元ジャニーズ。
このルックスで、この歌。
みたいな。(笑)

女優ライト当ててるんじゃないか?! と思われる見た目のキレイさ。
ルックスを磨きたい男子にも、この清潔感は、参考になりそうで、
これを見てファンになる人も多いかも。

現在、3万3千件以上の「いいね!」に納得です。


ちなみに、「猫 / DISH// 」もカバーしてうたっていらっしゃいますが、
こちらは、再生回数460万回越え。
いいね!も、8.5万以上ついています。

聞いてみると、確かに良い!
手越君って、タダ者じゃなかったんだ、ということが分かるかも、
という感じの動画。



とても良かったです。