カウンター

このブログを検索

何もしてなくても、お布団フカフカ。心が疲れてしまった時は、まず、お日様の香りの布団で横になろう。 健康になる超ラク家事。



 心が疲れてしまった時は、お日様の香りのする布団で寝てみる。
と、いっても、
疲れてて、お布団を干す気力がない。
そんな時、
まず、お布団を、家の中で一番日当たりの良い場所に敷く。
夜は、そこで寝て、
朝になったら、カーテンを開ける。

すると、あら不思議、
それだけで、窓から差し込んだ陽の光が、窓越しにお布団に降り注ぎ、
お布団干しが完成。

ウソみたいですが、
これが、けっこう、お日様の香りがするんです。
必ずしも、重い布団を持ちあげて、ベランダの手すりにかけて…、
と、しなくても、
これだと、曇りの日も、風の日も、もちろん太陽が燦燦と照り付ける日も、
ちゃんと干せるので、良いと思います。

もちろん、外に干してお日様に当てたり、布団乾燥機を使ったりするほうが良いのですが、
それをする体力が無かったり、
それを大変と感じてしまう環境だったり、
また、仕事をしていて、日中外出していると、お日様の出ている時に布団を出して、陽が陰ってくるころに取り込んで、
ということが出来なかったりするので、
とにかく、毎日、窓越しにでもお布団を干して、乾燥することが大切。
紫外線で殺菌、というような効果は少ないかもしれませんが、
乾燥することで、清潔を保てるというか、
お日様の香りが、ほんとうに健康的な、清潔な印象です。
それとは別に、洗える布団などを買って、休日に洗ったりすると、
本当に安らげる空間を作れると思います。

 「最近は、睡眠時間が少なくてすむ、いろいろな仕事がはかどるんだよね」と、いうときは、
その時、元気でも、実は精神的にちょっとずつ負荷がかかってきていて、
後からメンタルにくる、ということもあるので、
睡眠の状態を、自分の疲れ具合の目安にするのも一案。

これを、超ラク家事、と、家事の一つに入れてしまうのもなんなのですが、(笑)
毎日の家事に追われている時、生活することにお疲れ気味の時は、
心と、体の生活のためにも、よく乾いた、清潔なお布団で寝ることが大切なので、
いいと思います。

人気の投稿