『本当の自由を手に入れる お金の大学』両@リベ大学長 著。 感想。 「貯める、稼ぐ、増やす、守る、使う」の知識をつけ、5つの力をつける方法。 成功する人が知る「お金の基本」。

 お金で失敗しないためには、お金の基本を身につけること。
それにはまず、知識をつける。
「貯める」「稼ぐ」「増やす」「守る」「使う」の5つの力をつける、
その知識が、分かりやすく書いてあります

 とても読みやすく、私も一気に読みました。

正直、基本が分かりやすく書いてあるので「大学?」という気がしますが、
小、中、高校では習えない、「お金」のこと。
『本当の自由を手に入れる お金の大学』の著者も書いていますが、
『そもそも、日本の公教育には、お金に関して学ぶプログラムが一切ありません。』
そこで、著者がこの本を書いてくださったわけですが、

車を一台持つと、一生で4000万円くらいかかる、など、
知ると知らぬでは大違いの知識が多く、
(知らなかった(笑))
こういう基本を知っておくと本当にいいと思います。

いくら稼いでも、
使うお金が多ければ、お金持ちにはなれない。
まず、固定費を減らして生活をラクにする方法や、
初心者に一番おすすめな投資の方法なども、具体的に書いていました。
(私の書いてる(『「家計の見直しは、必要」。 自動車保険、火災保険、 保険料の比較。』)と内容的には変わらないような気がするのですが、説得力が違います(笑))
(読むと、これは確かにしなければ!と思う(笑))

お金持ちで、投資をしているなど、
知識のあるリッチな人にとっては、当たり前のことかもしれませんが、
お金のことがよく分からない、
これから貯めていきたい、など、
これから知識をつけていきたいと思っている人には、分かりやすい良い本だと思いました。

 お金で失敗しないために、大切なことは、
収入以上に使わないこと。

 これが簡単なことのようで、意外と難しく、

 多くの人がよく言う「給料前に節約し、お給料日はリッチなものを食べる」、
実際に手持ちのお金がなくなるときは、簡単にできるこの作業が、
貯金があったり、お金を借りて目の前にお金があったりすると、
後で借金の返済日がくる、という認識が薄れて、
まるで自分のお金のように使ってしまい、後で返済に困ったり、
実は、分かっているようで、
分かっていないのが「お金」のことなのかもしれません。

お金で失敗した人の話を聞くことは、意外に多く、
そういう話を一度も耳にしたことがない、という人の方が少数派のような気がします。
お金は一度マイナスになると、そこから抜け出すのが大変ですが、
そうならないために、知識をつけて予防しておくことが大切。
自分から学ぼうとしなければ、
そもそも、お金に関する考え方、お金の知識を、理論立てて学ぶ機会が少ないかも。

  日本一の納税額 斎藤一人さんのお話の中で、
「お金を好きな人、お金を大切にする人」がお金持ちになれるというような話を聞いたことがあります。

一生、お金に困らない生活をしようと思ったら、
お金を持つうえで、何 が大切かを知っておく必要があり、

いくら稼いでも、それ以上使ってしまえば、お金持ちにはなれませんし、
まずはお金を大好きになって、大切に使うこと。

 著者のお金に関するユーチューブは、再生回数6,800万回超え。
本屋さんでも入口の一番見やすいところに平積みで置いてあった、今売れている本。
分かりやすくて具体的で、良かったです。

 

関連記事

☆ 「家計の見直しは、必要」。 自動車保険、火災保険、 保険料の比較。