今は「収入額の大逆転」が可能な時代。 負け組から勝ち組へ。 例えば、小学生のなりたい人気の職業「ユーチューバー」。 中高年からでも、いきなり高額収入。

 この職場に一生いられるとは、限らない。
と、感じたら、
副職を考える。

家計を守るために、まず現状把握。
いくら赤字なのか? 黒字なのか?
そこを把握して、固定費を削減。
家計に困らないようにしようという記事でした。

さて、そこをクリアしたら?、次。
節約もいいですが、
やっぱり収入は大切です。
(当たり前。(笑))

昔は、会社に入って上司や社長のお眼鏡にかない、
その会社にずっと置いてもらえるか?
はたまた、投資をして自分でお店や会社を持ち、商売していけるか?

何かを始めるのに、
例えば文章なら、出版社の編集長に認められることが必要だったり、
世に出る前に、「(出版できるなどの)力のある誰かに認められる」必要があり、
さらに、認められるべき関門が、何か所か、ワンクッション以上あって、
その関門で認められなければ、たとえ素晴らしい文章が書けても、
そもそも多くの人の目に触れられない、世に出られない(出版できない)ということがありましたが、

今は、年齢、学歴、性別、経歴など、全く問われず、いくつからでも、収入の大逆転が可能な時代。

ネットの持つ力は大きく、
ワンクッション必要なく、直接、多くの人々に向かって発信でき、
(興味を持っている人に向かって、直接発信でき)
スマホやパソコンを持つ人なら、ほとんど投資なしで、
お金を儲けることに挑戦できる。
(例えば、ブログやユーチューブなど)


失敗しても損失なく、何度でもやり直せる。
(違うブログを立ち上げて、作り直したり)

今、小学生のなりたい職業のトップスリーに「ユーチューバー」が入るそうですが、
これは、小学生でなく、
中高年のなりたい職業も「ユーチューバー」で、
今からでも全くマイナスがなく、小学生と同等にチャレンジできる、
(年齢、学歴、性別、経歴…等々、全く問われないため)
ということがあるように思います。

 以前は、プロブロガーを目指す人が多くいて、
文章を書くのがさほど好きでもないのに、ブログに挑戦して、続かずに挫折したり、ということも多かったと思いますが、
文章を書くのが得意でなくても、今は、ユーチューブの映像でアピールしたり、
いろいろな得意を活かせるようになりました。
また、昔は、例えばプロブロガーなら、
「記事を書く」以外に、売れる商品とコラボさせて、物を販売したり、
「売る技術」があることが儲けるために必要だったりもしましたが、
今は、例えばグーグルアドセンスなども優秀に改良されていて、
ただコードを貼り付けておくだけで、
あとは自動で配信してくれるので、
書き手が「売る技術」を持っていなくても、
勝手に、「売れる広告」を「よく見られそうな場所」に載せて自動配信してくれる。
とても良い時代になったと思います。

ただ、やはり売れるためには根気が必要。
一定以上記事や、配信の本数がないと、どんなに良い記事でもブログ自体が検索上位に上がらず、売れないことも多いので、
かなりのエネルギーを注いで、ある程度以上の量数のあるものを作り上げる。
それには時間もエネルギーも必要で、
その間の生活を支える資金も必要なので、
カンタンには会社を辞めずに、
何も失うものがない状態で、始めること。

作っても初めから上手くいく方は極少数。
一からコツを学び、自分自身で学んで成長していくつもりで、
時間をかけて納得のいくところまで続けるといいと思います。



「月」をクリックすると記事 表示