お金に困らない方法、お金が欲しい時は、「家計簿」をつけることから。 家計簿を「つけ続ける」方法。 家計簿は、ためても「まとめづけ」ができます。 

 新婚の頃、家計簿つけに挑戦した、私。
いやいやこれが、見事なほど、
全く、続かない。(笑)

もはや、続けるために付けるのか?
止めるために、つけ始めるのか? (笑)。
(つけ始めた時から、「いつまで続くかな?」という考えが頭をよぎる。(笑))

 そんな私が、今は、かなり細かくつける難関の家計簿?(細目がかなり詳しい)を、つけこなす、

 実は、これには、コツがあります。

 家計簿つけを、サボっても、ためても、
忘れているんじゃないの? と思っても、(笑)

後から「まとめてつける」ことが出来るようになったこと。

 私のような、まとめ付けのプロともなりますと、
(それだけサボった、ということですが(笑))

 数か月つけていなくても、問題なく、後から、まとめ付けができます。
(自慢になるのか? ならないのか? (笑))

あとからでも、しっかり家計を把握することが出来るため、
もはや、家計簿を止める理由が、みつからない。

 ポイントは、日々の現金のやり取りだけをレシートなどで、全て残しておくこと。
家計簿をつける時、分からなくなるのは、現金の収入額と支出先だけなので、
(銀行の引きおとしは、記帳されて残るので後からでも分かる)
そのレシートを残しておけば、不明になる現金がなく、家計簿つけには困らないです。
(多少、分からない現金額(合わない金額)がでても、多少であれば「不明金」でつければ大丈夫。(どこが大丈夫?という感じですが(笑)、多少の額が不明金になっても、お金の収支の大半が分かれば、個人でつける家計簿はたいした問題にならないんじゃないかと思います。)

ためたレシートを日付順に並べて、バーッと家計簿をつける感じですが、
この方法に慣れるまで、数か月ためた分を、
始めは、一日がかりでつけた、感じでしたが、
今じゃ数時間。
(なんの自慢?(笑))
けっこう、あっという間なので、
もはや、つけられない、感じがしないぐらい。

(開いているページのものを、まとめてつけるなど、やっているうちに、自分なりの要領がついてきます)

そんなふうに、「気が向いたときにつければいい」と思えると、
家計簿つけは挫折が少なくなるかもしれません。
(もちろん家計簿付けは、ためないのが一番楽ですが、
ためても、後からいくらでもつけられると思うと、気が軽くなると思います。
(挫折までしない))

 さて、今回は、家計簿つけに何度も挫折し、
もはや「つけ続けられる気がしない」とまで思っていた私でも、家計簿つけができるようになった話からスタートしましたが、
もし、お金に困った生活をしたくない!と思ったら、
まず、家計簿をつけることから始めるといいと思います。
家計簿は、今の家計のみならず、将来の家計までも見通せるようになる魔法のアイテム。
つけ続けていると、
自分がどんなときに、いくら出費しているかが明確に分かり、
この先、自分がどの時点で困るのか?も見えてきて、
安心して暮らしていけるようになると思います。

家計の破綻は、年収700万円世帯が危ない、と聞いたことがあるのですが、
家計を破綻させるのは、収入額の多い少ない、ではなく、
「いくら使っているか?」という支出額とのバランス。

 家計を破綻させてしまう人に多いのは、
「これは安いから」とか、「大きな出費にならない」とか、
支出額にたいして、「たいしたことない」と思ってしまう「感覚」があり、
もともと収入額が少ない世帯が持っていない、「買う」という贅沢の選択肢がある、少し収入の多い世帯(年収700万円ぐらいの世帯)が、
危機的な感覚の自覚が無いまま、支出をし続けてしまうことで、いつのまにか、気が付いたら、破綻にまで追い込まれる、ということが多いそうです。

そんな、怪しげな「感覚」からの脱出。
それが、家計簿の持つ大きな力の一番、だと思うのですが、
「記憶はあいまい、記録は正確」だそうで、
「これぐらいいいだろう」と、思わず使ってしまいそうなところで、
明確に「今、収入にたいして、支出の方が多い。(いくら赤字がでている)」と、はっきり把握することが出来る。
そして、
このままでいくと、学費のかかりそうな年代に入った時に、赤字で支払えそうにない、とか、
今、この支出(生命保険の費用などの固定費が大きい)を抑えることで、将来かなり楽になる、
など、将来を見越して計画的に生活できるようになる。

家計簿は、必ずしも詳しく細部まで記録する大変な家計簿でなくても、
ぶっちゃけ、収入額と支出額が記録してあり、
赤字にならないように、把握できればいいと思うのですが、
(本当は詳しい方が、良いですが、
詳しさを求めて家計簿をつけるのが大切になり、挫折してつけられなくなるぐらいなら、
簡単な付け方で、収入と支出とをきちんと把握できるほうがいいと思います)

簡単な付け方の家計簿、有名なところには、いちのせかつみさんの、「一行家計簿」などもあります。
(こちらのサイトに詳しく書いています。『「私の主婦日和」の「フジテレビ「ノンストップ!」1年で50万円貯まる方法。 お金の管理、一行家計簿。」』別サイトに移動します。)

 今も、将来も、お金に困らない生活をしたいと思ったら、
家計簿でお金を記録していくといいと思います。


関連記事

今ならなんと、読み放題。(「月」をクリックすると記事一覧 表示)