セレブな彼と、結婚する方法。 純粋な女性になってみる。



 今日の記事、「セレブな彼と、結婚する方法」。

そもそも、「セレブな彼」って誰?って、話ですが、(笑)

 私も、もうすっかり、母親目線になり、
子供の考えそうなことって、なんとなく、お母さんは分かったりする、というような、
そんな感じで思うところも出て来たので、ちょっと書いてみたいと思います。
(セレブ関係なく、男子全体、何となくこういう感じのことも多いかな?と思って)

 さて、そんな、セレブな彼?と結婚する方法ですが、
セレブな彼、だけでなく、
昔で言う、三高(高学歴、高収入、高身長)とか、
(三高って、さすがに古いですが、昔よく聞きました(笑))

そういう、「人もうらやむ」というような話には、気を付けたほうがいい、と思います。

 例えば、
ご主人のお仕事は何ですか? と聞かれて、
「医師です」などと答えられたら、それは確かに、すごい気がします。

その憧れからか、 医師と結婚したいと思う女性は、多くいますが、

なんと医師も、結婚相手を探しています。

(女子人気ナンバーワンが、医師なので、こう書きましたが、
医師でなくても、高学歴だったり、ルックスのいい人だったり、パイロットでも、弁護士でも、お金持ちでも、そうでなくても、周りから人気があるような男性、ということで読んでみてください。)

 こんなに多くの女性から結婚を望まれるなら、
結婚相手を探す必要なく、縁がありそうなものですが、
なぜ? 独身も多いのか?

多分、職業などの肩書や、お金に寄って来た女性ではなく、
一人の人として、好きになってほしい、大切にされたいという思いがあるから、ということもあるかと思います。

 もし、自分が医師でなくても、
自分のことを好きになってくれたのか? と考えたり、
例えば、肩書がなくなったとしても、
ずっとそばで寄り添ってくれるような人に会いたい。

 地方では、土地に根差して何代もその地に住み、
何代も住み続けている人こそ、「地元の人」。
「○○出身」と言える、というような所があり、
そこで生まれなければ、何年住んでも、よその人だそうで、
「何十年経っても、嫁は嫁」(土地の人ではないよそ者)という、こわいフレーズを聞いたことがありますが、(笑)

結婚は、現実です。
もし、玉の輿に乗って、学歴などに差がありすぎる、と感じられたら、
これからずっと、周囲から「玉の輿に乗った人」として見られ続け、
例え「自分」が一生懸命頑張っても、
ご主人の力とか、
策略家というような目で見られ続けて、
認められない、そういう部分もあるもしれません。

自分が純粋に、相手を好きだという気持ちだけで結婚したとしても、
周りから疑われて、やっかまれる、ということもあり、

例えば、子供が生まれて、学力の高い、出来のいい子が育てば、「夫の血」。
ちょっとでも出来がよくないところがあったりすると、
それは全て、「嫁の血のせい、」というような雰囲気のところもあるようで、

そんな無言の目、プレッシャーに負けずに、のびのびと子供を育てたり、
考えて教育したり、
そういうことが必要な、環境のところもあるかもしれません。

それでも、純粋に相手の人を好きだと思って、一緒にいる覚悟があるか、
また、相手も自分のことを大切にしてくれる優しい人か、
よく相手を見て、考えてみるといいと思います。

 さて、そんな難関をクリアできたら、
結婚するのは、逆に簡単かも。

 ステイタスや、高収入の男性に限らず、多くの人が結婚したいと思うような、素敵な男性に寄って行く女性は多くても、
そういう肩書や見栄えがあるがゆえに、真心から(肩書や見栄えに関係なく)、近くにいてくれる女性は、意外と少ないので、
もし、私自身が、「周りから人気があるような、素敵な男性」であったとしたら、
見るところは、『女性の真心であり、本当の性格』。

 男性が見ているところだけで、いい格好をしようと思ったり、
気を遣ってみせたり、
優しくしてみせるのではなく、

自分が見ていても、見ていなくても、同じ態度が取れるか、
同じ優しい心で、弱い立場の他の人や物に接しているか、
相手に良く思われるためにする、のではなく、
本当に相手に優しく、良かれと思って行動しているか?
(肩書に関係なく、好きになってくれたのか?)
というところ。

 以前、聞いたことがあるのですが、
ご主人に、「なぜ? 結婚相手に私を選んだのか?」と、聞いたところ。

ご主人は、
「自分(ご主人)ではなく、親と、上手くやってくれそうだと思ったから」、ということだった、と聞いたことがあるのですが、

自分に尽くして、自分にニコニコ、自分の見ている前では周囲に気を遣い、優しくしてくれそうな女性は、
ステイタスのある学校に入ったり、肩書がついたときから、多分たくさん寄って来そうな職業。

自分ではなく、肩書(お金)が、好きなんでしょう?
というところかも。

 特別ではなく、
誰に対しても優しい気持ちを持てること。
思いやりを持って接することができること。
笑顔で不平不満を言わずに過ごせること。
人の話に、うなずきながら相づちを打ち、聞いてあげられること。

 え? 天使?、という感じですが、(笑)

 どう見せよう?とするのではなく、自分の内面から、
表裏なく、今から自分は、誰が見てなくても人に親切にするとか、人を幸せにしようとするとか、人の幸せを願う、
そういう人になってしまえばいいのだと思います。
(多分、「運命」てきにも、良い行いをしたら、良いことが返ってくる、という感じ。)

 お金もステイタスもある人が、結婚相手に求めるのは、経済力でもなく、玉の輿に乗ろうと画策する女性でもなく、
ただ、人に優しく、自分を助け、家族を助け、愛情をもって接してくれる人。

ステイタスのある人の奥さんは、それなりの出身や立場の人も多く、
また、周りからは、やっかみもあって、
と、何かと注目の集まってしまいそうなところなので、

とくに好きでないなら、なにも、その人と結婚しなくてもいいのでは?
と思ってしまうぐらい。(笑)

相手が見ていてもいなくても、(相手の人(利害関係のある人)だけではなく全ての人に)優しさを持って接する真心があれば、
(デートしてても、相手だけじゃなく、店員さん、すれ違う高齢者、ウエートレスさんにやたら優しくする、とか(笑))
あとは、その人のことを好きなら、
多分出会えば結婚できます。

ただ、まず出会って、今後も好きでい続けられるか、
相手を見極める目を持つことが大切。

短期的に人や自分を騙せても、
結婚は長期。
いくら人から羨ましがられても、自分が本当に好きな人と結婚しなければ、続かないので、
結果的に、後悔するぐらいなら、無理はしないこと。

もし、あまり優しくないな、この人。
と思ったり、
合わない気がする、と思ったら、
ステイタスがあるからということだけで結婚すると、
本当に後悔することにもなりかねないので、

あくまでも、その人。

職業や、ステイタスなどとは、全く関係なく相手を見て、
ずっと一緒にいたい、いられる人か、
冷静に見て、
もし合わなければ、離れる選択をすることもとても大切だと思います。


関連記事
☆ 男性からの人気ナンバーワンは、「純粋な子」。 モテる純粋な女の子になる方法。







【結婚相談所比較ネット】



関連記事

☆ 「素敵で、魅力的な人に、なる方法」 現実になれる「実践」。【文字起こし】斎藤一人さんの『魅力の話』。 100回聞き。 人を惹きつける「魅力」が、つきます。

☆ 「気遣い出来る人」になる。  斎藤一人さんの「この人にすべての良きことがなだれのごとく起こります」

☆ 「粗末に扱われる人と、大切に扱われる人の、違い。」、人から愛される方法。ココだけ変われば、全く違う人生。 「人からの扱われ方の違い」がよく分かる、6歳の女の子のユニセフ実験3分動画。

☆ 新しく始めよう。 AIの、人間関係。 この世を天国にするためのルール。

☆ お金持ちで、皆から尊敬されて、人間関係も得意。 AI(人工知能)も好かれることができるのは、ノウハウ。 

☆ セレブな彼と、結婚する方法。 純粋な女性になってみる。

☆ 大切な人間関係、仕事にも万能な「成功法則」。 『 21世紀は男も女も「見た目」が100% (見た目を磨くとすべてがうまく回りだす』斎藤一人著。

☆ モテる女子の王道、人気ナンバーワン「純粋な子」って、こういうこと。 純粋な女の子になる方法。

「月」をクリックすると記事 表示