『認知症の脳もよみがえる 頭の体操』東北大学加齢医学研究所 所長 脳科学者 川島隆太 著。 認知症が、劇的に改善する。 何歳からでも成長する脳の、カンタンな学習療法。

 『認知症の脳もよみがえる 頭の体操』読みました。
著者は、東北大学加齢医学研究所 所長 川島隆太先生。

川島隆太先生は、3DSゲームの「脳トレ」のテレビコマーシャルなどもあり、
知名度もある先生なので、本屋さんで先生の本を見つけた瞬間、
「認知症の脳もよみがえるんだ!」と思いました。(笑)
(3DSの脳トレゲームも、ウチにもあります。)




 本書によると、認知症は、完治させる治療法がない病気、「なったら終わり」というのは、
過去の話だそうです。

 身体の筋肉でもそうですが、使わなければ衰える。
これは、脳にもいえることで、毎日使うことで、活性化され、
認知症のかたも、劇的に改善。

 家族の顔を認識できるようになったり、
会話が通じるようになったり、
時間と空間を特定した記憶を取り戻したり、
オムツが取れたり、

凄い効果の実例があるそうです。

 きちんと説明のあと、本書の後半部分は、実際のする頭の体操が書かれていて、
現実に取り組むことができます。

簡単な計算や、記憶などのトレーニングで、
難しいものをやる必要はなく、
それよりも、
簡単なモノを、スピード勝負で、1日10~15分、毎日続ける、と効果があるそうです。

必要なのは、簡単なトレーニングを続けること。

それで脳は、劇的に動き出しす。

使わなければ、衰えますが、
使えば、何歳になってからでも、どの時点からでも、改善が見込める。
もちろん、認知症予防にも、効果的があります。

本書を読んで、挑戦する価値は、十分にあると思いました。


「月」をクリックすると記事 表示