家の中で、「映像授業」は必要。 「スタディサプリ」は、2500校以上が導入する教材。 「トライイット」は無料。

 学校の授業が、家で何度も、繰り返し見られたら、
勉強についていけなくなる率は、低くなります。

学校を休んだら、本来なら、毎日数時間、みっちり学校で勉強を教えてもらっている時間に休んでしまった分を、取り戻すように、映像授業を見たり、
一度受けた学校の授業の復習をする意味で、
映像授業をまた見る。
また、学校の授業に先がけて見て、予習する。

ネットが普及した今、「映像授業」が、簡単に見られるようになり、とてもいい時代になったと思います。
スタディサプリ(スタサプ )なら月1,980円で、一流教師の神授業が見放題。
『トライイット』なら、なんと無料。

テレビショッピングなら、
「えーーーっ!」とか、「うわぁ~!」という声の反応が入るところですが、(笑)

その音声が入らなくても、
本当に凄いことだと思います。

(スタディサプリの値段は、変更の可能性がありますので、ホームページ等でご自身でご確認ください。『スタサプ 』)

 新型コロナウイルスの影響で、政府の要請に従って、長く家にいた期間もあったのですが、
学習時期は遅れても、受験の年度は決まっていて、変わらないので、
その時点までについた学力によって、行ける大学は変わります。

本来、学校で勉強しているハズの時間に、ゲームをして過ごしている子供達を見ると、
「受験の時、後悔するかもな」と親は焦りますが、
まだ習っていないところの教科書を読んで、
文字からの学習だけで、すべてを理解していける実力をもつ子供達は少数派。

学校で学べば一瞬で教えてもらえることを、学ぶ機会が遅れることは、やはりもったいないと思います。
その対策として、「映像授業」を導入する方が多くいました。
我が家でもしていますが、とても良かったです。

 我が家が、映像授業で使ったのは、「スタディサプリ」と、「トライイット」、「スタディサプリENGLISH」。

 「スタディサプリ」は、以前、「神授業 見放題」のテレビコマーシャルもしていましたが、今や2,500校以上の学校が団体登録で導入している凄い教材です。

個人で導入しても、国数(算)英社理の5教科で月1,980円。
(金額は、改定等で変更の場合があるので、ご自分で直接ご確認ください。『スタサプ 』)

 映像授業を見ていると、学校の授業を受けていないところでも分かりやすく、
要点をしっかりつかんで教えてくれる上、授業に無駄がなく、
時間がとても短くまとまっています。(十数分というものも多くあります)

学校の授業と同じ内容を教えてくれるので、正直、これを見たら、学校の授業が要らないかもと思うぐらいの感じ。
スタディサプリは、「ベーシックレベル」と「スタンダードレベル」などのレベル分けされた授業があり、もちろん、どちらも受けることができるので、
まずベーシックレベルの映像授業を受けて基礎を学んでから、よりハイレベルなスタンダードレベルの授業を見る感じでした。

 教材は小学校4年生から、中学生、高校生を対象に作られており、
分からないところは数年さかのぼって学習することができるので、
今、授業についていけない子供も、
例えば、数学なら数学を数年さかのぼって、基礎から勉強出来るので、
授業をもう一度すべてイチから聞きなおすことによって、確実に実力をつけ、追いつくことができます。

教科書を読んで内容を理解する、ということが苦手な子供でも、
映像授業を見ることで、学校の授業を先に受けている形になり、
「予習の仕方が分からなくて困る」ということがなく、
復習も、予習も、さかのぼり学習もできて、成績を上げることが容易になる感じでした。

 「スタディサプリ」と「スタディサプリENGLISH」の違いは、
「スタディサプリ」の英語は、学校の英語の授業に対応。主に読み書きで、学校の授業のような感じ。
学校の試験に対応するように作られてますが、
ただリスニングなど聞き取りに関しては十分ではないときには、
「スタディサプリENGLISH」は、リスニング対策で、英語を聞いても理解できるように勉強する感じで、TOEIC対策などの試験用、リスニング試験、大人の一般の英会話ように作られている感じでした。

 また、「トライイット」は、永年無料の映像授業ですが、
とても分かりやすく教えてくれるハイクオリティな映像授業。
これが無料だとは信じられない感じです。

 実はこれを作っているのは、アルプスの少女ハイジのキャラクターでテレビコマーシャルをしている「家庭教師のトライ」「個別教室のトライ」のトライグループ。
 トライさんのイメージにもつながる看板ともなるので、
無料ですが、手を抜いて作られているという感じはなく、分かりやすいです。

実際、「家庭教師のトライ」「個別教室のトライ」をしている子供達にも、
これを見ておいて、という形で見せるように使っていて、
個別教室のトライには、教室で生徒が「トライイット」を見て問題を解き、
トライのスタッフが丸つけをするというオプション授業もあります。
(教師が個別で教えるという授業ではないですが、教室でトライイットをみせて問題を解かせ、スタッフが採点することにより、確実に子供達に勉強させることができる。)

 「スタディサプリ」と「トライイット」の違いは、
スタディサプリは有料、トライイットは無料、
スタディサプリは、小学4年生から、中学生、高校生が、対象。
トライイットは、中学生、高校生が対象で、小学生はありません。

 また、授業内容では、どちらもとても分かりやすく教えてくれるのは同じですが、
スタディサプリは、レベル分けされた授業で進めるようになっていますが、
トライイットは、レベル分けがなく、学校の授業でする基礎に重点を置いていている感じがします。
トライイットのほうが、授業数も少なくなっているので、
今、勉強に遅れていて、基礎をさかのぼったところから、順に一度全部勉強したいというようなときには、トライイットの方が(ベーシックレベルと、スタンダードレベルに別れていない分)早くて追いつきやすいかもしれません。
基礎を学んで、学校の授業内容を把握しやすいと思います。

 スタディサプリは、基礎の上に応用があり、少し踏み込んだところまで学習するイメージです。授業時間も少し長く、講義数が多めになっています。

 我が家も以前、トライイットも使っていましたが、「理科なら理科だけ」をさかのぼったところから学習すると、遅れている教科を理解することができて良かったです。
もともと「家庭教師のトライ」「個別教室のトライ」で学ぶときに、基礎を理解できるように作られたものだと思うので、
トライイットで基礎を理解して、トライで習うという感じなのかもしれませんが、
学校で習う勉強の要点は、分かりやすく教えてくれる感じがしました。

 「スタディサプリ」は、有料なので、それだけであるレベル以上を完結するように作られている感じがします。
講義数もあり、これで5教科1,980円は、格安だと思います。
14日間の無料体験があるので、とりあえず無料で始めてみて、お子さんに合った方を選択するといいと思います。
(条件や金額等は、時期により変更、改定の場合があるので、直接ご確認ください。『スタサプ 』)

 どちらもとても分かりやすく作られている映像授業でしたが、
映像授業なしで乗り切るのを難しく感じる方も多く、導入される方が増えていると思います。
(学校でも、宿題や補講に使われ、2500校以上が導入しているそうです。)

家で学校のような授業を受けられるのは、いい時代だな、という感じですが、
とても良い選択だと思います。






「月」をクリックすると記事 表示