『美開運アイライナー』(銀座まるかん)感想。 日本人に一番似合う、さりげないキレイ色。 肌に優しく、お湯で簡単にオフ。

 銀座まるかん 美開運アイライナーは、リキッドタイプ。
落としたいときには、お湯でカンタンにオフできるのに、
昼間はしっかり取れず、
さらに、間違って書いてしまったところは、指でこすって修正できて、
初心者の私も安心して使えました。

色も日本人に一番似合う、濃茶色の本当に良い色で、さりげなくキレイに見せてくれる色。
このさりげなくキレイにしてくれるように、気遣う感じが、
日本一納税額 斎藤一人さんのお店、銀座まるかんの商品だと感じる今日この頃ですが、
ラクして、しっかりキレイというのが、良かったです。

「ニャンだか、新しいモノの香り。」





筆先は細く、しっかりしていて、細くも、重ねて太くも好みのアイラインが引けます。




 私は若いころから、長い間アイラインは引いていなかったのですが、
ある時、若くて可愛いママ友が、
ばっちりアイラインを引いていることに気が付いて、
こんなに若くて可愛いのは、ちゃんとキレイになる努力をしているから。
アイライン引いたり、きちんとしているから、
キレイで、若くて、可愛いんだな、と納得。
(子供達も、若くてキレイで可愛いママを嬉しく思っているのが伝わってくる)

そういう目線で見てみると、
広瀬すずちゃんも、綾瀬はるかさんも、松嶋菜々子さんも、クレオパトラさんまで、
元々すごくキレイなお顔立ちの女性たちが、
しっかりアイラインを引いて、
キレイに見える努力をしているのに、

私がアイライン引かないのは、どうなのかと。(笑)

買ってみました。

 アイラインには、目を大きく見せ、美しい顔に見せる効果があるそうで、
(目の錯覚で、ただのマルより、二重丸の中にあるマルの方が大きく見える効果など)
科学的にも美しい顔に見えやすい検証がされている他、

ファッション雑誌「マルソル」さんの衝撃的なオンライン記事が…、


コチラ。
『アイラインなしでまだいけると思っていませんか?アラフォーがマスターすべきアイラインの作り方まとめ』

……………。

『アイラインなしでまだいけると思っていませんか?アラフォーがマスターすべきアイラインの作り方まとめ』

…、ショックなタイトルだったので、同じものを2回のせてみました。(笑)

「アイラインなしでまだいけると思っていませんか?」って、
いけると思っていた…。
というか、
いけるも何も、考えてなかった。(笑)

とりあえず、
いけないようです。(笑)

と、いうわけで、
年齢を重ねれば、重ねるほど、
キレイに、不快に思われないための、身だしなみが大切。

小学生の時、「へんにお化粧なんかしないほうがいい」、と言われた素顔も、今は、

頼むから何が塗ってくれ、と思われる予感満載。(笑)

 明るく、元気に、相手が不快に思わない、一緒にいて嬉しいと思ってもらえる人になるためにも、
お化粧は大切。

若い頃、大きかった目もだんだん重力の影響を受けがち。

年齢を重ねてこそ、年々、周りへの気遣いが大切になってくるように思いました。




関連記事

☆ 「粗末に扱われる人と、大切に扱われる人の、違い。」、人から愛される方法。ココだけ変われば、全く違う人生。 「人からの扱われ方の違い」がよく分かる、6歳の女の子のユニセフ実験3分動画。

☆ 『 21世紀は男も女も「見た目」が100% (見た目を磨くとすべてがうまく回りだす』斎藤一人著。

☆ 『ひとりさん ホワイトクリーム』(銀座まるかん) 口コミ使用所感。 効果は、もはや神的。

☆ 『ひとりさん コラプル 恋の美魔女ジェルクリーム』(銀座まるかん)口コミ使用所感。 肌にジェルでたっぷり水分補給、いいモノを贅沢に配合して、お肌プルプルでした。

☆ 『顔パワー洗顔パウダー』(銀座まるかん)口コミ使用所感。 つるつる、スベスベ、しっとり、清潔感満点の、キレイな洗い上がり。

☆ 『大セレブフェイスカラー』感想。 あるようでなかった、ツヤと輝き。 つけてるだけで伝わる、セレブオーラ。

☆ 『大セレブスプレー(美容液)』銀座まるかん。口コミ感想。 日本一売れてる会社の美容液を、化粧の仕上げにスプレー。 潤いと艶、大セレブの雰囲気が違いました。

☆ 『まるかん マスカラ』感想。 一塗りで、女性らしい雰囲気が華やぐ。マスカラは大切。

☆ 健康になりたい、腸をキレイにしたいとき、『ゴッドハートダイエット青汁』(銀座まるかん) 感想。 日本一売れている会社の「青汁」。 万病の元は「腸の汚れ」から。

☆ 『No.1クレンジングオイル』(銀座まるかん) 使用所感。 毛穴の中までスッキリ落ちて、しっとりスベスベ。 メイクだけを落として、うるおいを残す、スゴイ一品。 敏感肌でも使えました。

今ならなんと、読み放題。(「月」をクリックすると記事一覧 表示)