人間関係は、「パターン」。 上手くいくパターンを覚える。

 いつも人間関係が上手くいかなくなる、と思ったら、 「いつも」のパターンを分析して、変える。

いつも上手くいかなくなるのには、理由があり、
人間関係のノウハウを知らないだけということも多いので、
自分でそこのパターンを変えること、

人間関係の「成功パターン」を覚えるといいようです。



 出会ってすぐに人と上手くいかなくなる、
少したってから上手くいかなくなる、
などそれぞれのパターンで、

例えば出会ってすぐに、人から違和感を持たれる、嫌われるようなら、
見た目と、取っている行動を見直す。

仲良くなって少し経ってから不仲になるなら、
いつも、してもらったことのお礼やお返しができていない、とか、
(いつも何かをしてもらう一方、とか、)
まず、どこで上手くいかなくなっているのか?
そこから分析する。

ハタで見ていると、
決して、悪いことを考えているから人と上手くいかないというわけではなく、
本当に良い方なのに、接し方がヘタで上手くいかなくて損をしている、と思う方も多く、

人から嫌われて辛い思いをしている方もいらっしゃると思いますが、
周りを変えるには、
まず自分から。

最初に、自分の内面で何を思っているか(善意)よりも、
自分の見かけと、言葉、行動を冷静に見直すのがいいかもしれません。

(見た目 → 清潔感があるか? オシャレか?
言葉 → 汚い言葉や、マイナス言葉を使っていないか?
行動 → いつも心で人の幸せを願い(コチラの記事。『「気遣い出来る女性」になる。  斎藤一人さんの「この人にすべての良きことがなだれのごとく起こります」』)、人が心地よく過ごせるように配慮して気を遣っているか?)

 東大出身で、明治大学教授、教育学者の齋藤孝先生の本で、
子供の「教育」は、子供に「分からないことを一から教えていき、順番に教えて出来るようにすること」と思われることも多いのですが、
実はそうではなく、
その人の持つ「成功パターンに当てはめられる」ようにすること、
というような文章を読んだことがあります。

上手くいかなかったパターンに注目して、それを直そうとするより、、
「上手くいった」パターンに注目して、
そのパターンにい当てはめて行動することで、
次回も成功する、というパターンをつかむ。

だれかと、何か上手くいったとき、
たまたまでもいいので成功した時、
そのパターンを分析してみる。
上手くいく成功パターンがあれば、
次回から、そのパターンで人と付き合い始める。
という感じだったり、
人がホッとするような表情、笑顔で接していたか、
相手の話に対して、大きくうなずいたり、返事をしながら、聞いていることをしっかり相手に伝わるように表現していたか、
などを振り返ってみるといいかもしれません。

相手の言うことをいつも否定したり、話の腰を折ったりして、会話がスムーズにできなかったり、
自分の方が一方的に話してしまい、相手にとっては言いたいことが言えなくて楽しくなかったということもあるかもしれません。

自信がなければ、無理に話さず、言いたいことの半分も言わない感じの方が、
逆に、上手くいくかも。
(人は意外と、ガンガン自己主張してくる人より、穏やかに自分を受け入れて話を聞いてくれる人が好き、ということも多いように思います。)
心の中にあることをそのまま口に出すと、
相手から敵対されたり、バカにされたり、トラブルのもとになる、と思うなら、
最初はあまり何も言わず(負の判断材料を与えず?)、相手に合わせて相づちを打っておき、
身なりをキレイにして、ほほ笑んで、
相手に「こういう人」だと「想像させる」と、
だいたい良い方向に想像してくれることが多いかも。

 今まで人間関係が上手くいかなかった方は、
いつも上手くいかない、と思っているなら、
「人間関係が上手くいかない言動や、見た目」をしている可能性があり、

本人は人間関係が良くしよう、と思ってしている行為が、逆、だったり、

 また、人と上手くいかない人にありがちなのは、

相手の機嫌を知るように、顔をみて表情を確認する。
(「人の機嫌を取って、自分の機嫌を取らない」のが良くないそうで、
自分が上機嫌でいるために、不機嫌な人の機嫌取りはせず、近づかないことも大切。)

 なので、

人の顔いろを見ない。

探るように見ている視線は、相手に分かり、

自分の顔色を伺われると、
(何もなくても)ムスッとしてしまいたくなるのが人情、と知ることが大切かも。

そのしちゃいけない相手の顔色を伺う視線を、連発。
これが多ければ多いほど、嫌われる?(というより、機嫌を取ってくれる人だとカモにされる?)感じかもしれません。

なので、相手の顔色を見たくなったら我慢、
人の機嫌を取らずに、自分の機嫌を取る。
(人から、機嫌をとってくれる人だと認識されると、何度も不機嫌な顔を見せて、機嫌を取ってもらおうとされる。)
(「大丈夫、よくやってる」など「自分」を励ます)

 人と話していると毎日、学ぶことがあると思いますが、
人と接して、上手くいかなかったら、上手くいかなかったことに気づいて、
次はこうしてみよう、と考えて変えていくと、
成功パターンを覚えて、いろいろな人に当てはめ、上手く関係を築きやすくなるよに思います。

 ハタからみると、人は、過去ではなく現在に生きている存在なので、
自分が変わると周りの反応も変わってくる、
また、変わって来なければ、逃げられるならその場から逃げることも大切。

冷静に、絶対その人と仲良くならないといけないのか?、と考えたら、
そんなこともなかったな(笑)、と思うことが多いと思うので、
とにかく「自分」の心が明るくなるように生活する、行動するのがいいように思います。


外部リンク ユーチューブ
☆ 『斎藤一人さん 「【斎藤一人さん】「人間関係 サラッとやっつける」みんなに好かれる、それも正しい。嫌な奴とは付き合うな、それも正しい。一個づつ片づけるの。」』

☆ 『斎藤一人さん 「【斎藤一人さん】「人間関係がいつもうまくいかない人には特徴がある」」』



 関連記事

☆ 「素敵で、魅力的な人に、なる方法」 現実になれる「実践」。【文字起こし】斎藤一人さんの『魅力の話』。 100回聞き。 人を惹きつける「魅力」が、つきます。

☆ 幸せになる、具体的な方法。『斎藤一人さん 「つやこの法則」【文字起こし】』 カンタンに実践できる方法。 不幸な人が不幸になる理由。

☆ 「粗末に扱われる人と、大切に扱われる人の、違い。」、人から愛される方法。ココだけ変われば、全く違う人生。 「人からの扱われ方の違い」がよく分かる、6歳の女の子のユニセフ実験3分動画。

☆ 空気を読む方法? たった3つの言葉で会話がこなせる。 空気が読めなくても大丈夫。 人間関係。

☆ 幸せになる方法。 斎藤一人さんの「幸せの道」【文字起こし】。

☆ 生まれながらに人のもつ、それぞれの心の傷。 『形の話』(五つの傷) 斎藤一人さんのお話【文字起こし】 。 人は、傷を治すために生まれて来た。 』

☆ 素敵な笑顔の作り方。

☆ 「気遣い出来る女性」になる。 斎藤一人さんの「この人にすべての良きことがなだれのごとく起こります」

☆ 悩みは「時間」が解決する。 失敗した、と思った時、大切なのは、ゴハンと睡眠。

☆ 気持ちが落ち込んだ時には、 斎藤一人さんのお話で、乗り切るのもおススメです。

☆ もし、あなたに凄い「しもべ」がいて、あなたの言ったことを全て叶えてくれるとしたら。 斎藤一人さんの『成功脳』は、そういうお話。ユーチューブでも聞けます。

☆ 『未来の青汁 ウルトラ パニウツ元気』(銀座まるかん) 感想。 「うつ」の原因は、食べ物も大きい。 「脳に栄養」しっかり栄養補給。

☆ 人間関係、仕事にも万能な「成功法則」。 『 21世紀は男も女も「見た目」が100% (見た目を磨くとすべてがうまく回りだす』斎藤一人著。

☆ セレブな彼と、結婚する方法。 純粋な女性になってみる。

☆ モテる女子の王道、人気ナンバーワン「純粋な子」って、こういうこと。 純粋な女の子になる方法。

☆ 人に陥れられてしまう人の特徴。 ハメられない方法。 斎藤一人さんの「100回聞いてくださいの話」【文字起こし】しました。

☆ 幸せになる、成功するためには、徹底的に「運」を味方につける生き方。 どうせ一度の人生だから、とにかく徳を積んでみる。

☆ 会社を辞めたい、ブラック企業?と思ったら、「退職代行」も選択肢の一つ。 「辞めたいけれど、辞められない問題」

☆ 「悪口を言われたら、こうしな」 斎藤一人さんの教え 【文字起こし】(1)

☆ いい人、や、発達障害さんが、人と上手くいかない理由。 人間関係のコツは、ウソをつくこと。(2)

☆ すべての、成功のコツ。 斎藤一人さんの「覚悟の話」【文字起こし】(3)

☆ 「気遣い出来る人」になる方法。 まず、人間ウオッチング。

☆ 本当にモテる女子になる方法。 モテたい、彼氏が欲しい、結婚したい、とき、心のキレイさアピール。

☆ 人間関係は、「本音を言わない」ことから。 発達障害さんや、正直な方の人間関係マニュアル。 いい人が嫌われる理由。 




☆ 人間関係には、「見た目」も大切。
ぜひ、コチラも参照されてください。『「見た目」記事、おすすめ一覧』


今ならなんと、読み放題。(「月」をクリックすると記事一覧 表示)