見た目は大切。 手肌をキレイにする方法。 「手荒れ」の原因、荒れずに過ごせる方法と、「絹手袋」。



 以前、『「粗末に扱われる人と、大切に扱われる人の、違い。」人から愛される方法。ココだけ変われば、全く違う人生。』という記事で、
ユニセフで行った6歳の女の子の3分動画実験を紹介し、
いかに、「見た目」が大切か? という記事を書きました。

さて、今回はその一環、「手荒れ」について。
手荒れを防いで、手をキレイに保つ方法について書いてみたいと思います。

 手荒れの原因は、手洗いなどで「手をぬらすこと」と、
(乾くときに逆に水分を持っていかれて乾燥する)
寒く乾燥した「空気に触れること」。
(乾燥する)
この2つをなくすことで、手はとてもキレイになります。

以前の私の手は毎冬、指先がヒビ割れて、アトピーかと半ばあきらめていたのですが、
今年の冬はしっかり対策をしているので、
指先が割れていない! どころか、とても潤ったキレイな状態を保っています。

 まず、手を水にぬらす回数をなるべく少なくします。
食器洗いなど、手袋をできるときには、なるべく手袋。
 手を水にぬらすと、一度手に水分が入って良いように思いますが、
その後、乾燥するときに、もともと手にあった水分までも一緒に蒸発してしまうため、乾燥し、潤いが失われ、手荒れの原因になります。

なので、水仕事の時なども、
手袋をして、手をなるべく水に触れさせない、その回数を減らすようにするだけで、手肌はかなりキレイになっていきます。
また、科学的に、洗剤に負けるということもあるので、洗剤を使うときや、アレルギー反応をおこすものがあるときには、必ず手袋をします。





 また、手洗いや、調理などで、どうしても手を水で濡らしてしまう場合には、なるべく早く、
乾いたタオルで、手にある水分をよく拭きとること。

手のモデルさんは、タオルを二枚使って拭くそうですが、
とにかく自然乾燥をさけ、水分をタオルでよく拭きとるといいそうです。
ハンドクリームを塗れる方は、
タオルで水を拭いた直後にハンドクリームを塗り、
手袋をするのがベスト。
 これは、ハンドクリームの成分が手に浸透する、ということよりも、
余分な水分の蒸発を防ぎ、乾燥を防ぐことで、手荒れがなくなります。
一番いいのは、ハンドクリームを塗った直後に、手袋をすること。
私も、すごく手をキレイにしたいときは、家で絹手袋をしていますが、
ハンドクリームを塗った直後に絹手袋をすると
手袋は汚れますが、手はキレイになります。(笑)

それから、冬の乾燥した外気に手を触れさせない。
これで、一番気を付けなければいけないのは、
ちょっとした外出や、短い距離のときの、
「ま、手袋しなくても、いいか」という気持ち。
そういう時にも、キチンと、手袋をすると、手のキレイさは、全然変わって来ます。

これはとても効果的なので、手荒れがなくなることに驚くかもしれないのですが、
ちょっとゴミ捨て、とか、一瞬外に出る、とか、30秒の距離、みたいな時にも、外に出るときは必ず手袋をする。
これで、手荒れはとても良くなると思います。

 ここまでで、手荒れの原因に対する対策になると思いますが、
さらにキレイにしたければ、家でも手袋をして過ごすこと。

これ、私もサボることが多いので、大きな声では言えないのですが(笑)
たまにしても、効果的です。

実は、以前100均でかったアクリルの手袋をしていたのですが、あまり効果が感じられず、
私の買ったのは、絹手袋。 アクリルの手袋より効果的な気がしています。

指先が出ているタイプの手袋にすると、いろいろな作業がしやすく、手袋を脱がなければならないことが、とても少なくなるので、部屋の中で手袋をするのには、このタイプがとても良かったです。
 また、指先がでているタイプの手袋は、指の部分が短いことも多いのですが、
841(ヤヨイ)さんの絹手袋は、指をカバーする範囲が長く、とてもイイ品物でした。


[841(ヤヨイ)] 指なし 手袋 スマホ手袋 絹 日本製 【シルク ハンドウォーマー MAX】 ブラック MAX

色もいろいろあり、選べました。

 本当は冬だけじゃなく、一年中室内でも手袋をしていると、本当にキレイな手になりそうな予感ですが、室内用とはいえ生地はしっかりした手袋なので、
夏には、はけずに終わる私です。(笑)

また、ハンドクリームは、一度だけお店で高価なクリームを塗っていただいたところ、
家で手袋を取ってみると、手がとてもキレイになって、驚いたのですが、
お顔に使う高価なもの。

銀座まるかん ひとりさんホワイトクリーム 開運つやこメイク 斎藤一人さん ひとりさん

(コチラに「ひとりさんホワイトクリーム」の記事、書きました。
『ひとりさん ホワイトクリーム』(銀座まるかん)感想。 効果は、もはや神的でした。』)

やはり高価なものは、効果が違うな、と本当に思ったのですが、
とりあえず今、手には、家にあった一般的なアロエハンドクリームをたっぷり使っています。
(それでも十分、効果的。キレイになります。)

 以上、この対策で、ヒビ割れもなく、とても効果的でした。
手荒れに悩む方は、ぜひ、手荒れの原因から断って、キレイな手で痛みなく過ごせるといいと思います。




関連記事

☆ 『ひとりさん ホワイトクリーム』(銀座まるかん) 使用所感。 効果は、もはや神的。

☆ 「粗末に扱われる人と、大切に扱われる人の、違い。」、人から愛される方法。ココだけ変われば、全く違う人生。 「人からの扱われ方の違い」がよく分かる、6歳の女の子のユニセフ実験3分動画。

☆ 『 21世紀は男も女も「見た目」が100% (見た目を磨くとすべてがうまく回りだす』斎藤一人著。

☆ 『ひとりさん コラプル 恋の美魔女ジェルクリーム』(銀座まるかん)口コミ使用所感。 肌にジェルでたっぷり水分補給、いいモノを贅沢に配合して、お肌プルプルでした。

☆ 『顔パワー洗顔パウダー』(銀座まるかん)口コミ使用所感。 つるつる、スベスベ、しっとり、清潔感満点の、キレイな洗い上がり。

☆ 『大セレブフェイスカラー』感想。 あるようでなかった、ツヤと輝き。 つけてるだけで伝わる、セレブオーラ。

☆ 『大セレブスプレー(美容液)』銀座まるかん。口コミ感想。 日本一売れてる会社の美容液を、化粧の仕上げにスプレー。 潤いと艶、大セレブの雰囲気が違いました。

☆ 『まるかん マスカラ』感想。 一塗りで、女性らしい雰囲気が華やぐ。マスカラは大切。

☆ 健康になりたい、腸をキレイにしたいとき、『ゴッドハートダイエット青汁』(銀座まるかん) 感想。 日本一売れている会社の「青汁」。 万病の元は「腸の汚れ」から。

☆ 『No.1クレンジングオイル』(銀座まるかん) 使用所感。 毛穴の中までスッキリ落ちて、しっとりスベスベ。 メイクだけを落として、うるおいを残す、スゴイ一品。 敏感肌でも使えました。

☆ 『美開運アイライナー』(銀座まるかん) 感想。 日本人に一番合う濃茶色。 細くも太くも描け、お湯で簡単にオフ。初心者さんにもとてもいいと思います。

今ならなんと、読み放題。(「月」をクリックすると記事一覧 表示)